Motorola One Fusion+が発表 ポップアップ式ミッドレンジスマホ すまほん!!

 中国Lenovo傘下、MotorolaはSoCにSnapdragon 730を搭載する、ミッドレンジスマホMotorola One Fusion+を正式発表しました。

 Motorola One Fusion+のディスプレイは6.5インチ(1080 x 2340)、液晶。フラッグシップ機のMotorola Edge+でも、パンチホールディスプレイを搭載しているにもかかわらず、Motorola One Fusion+はポップアップ式のインカメラを搭載。

 その為、ディスプレイ上にノッチやパンチホールが無いベゼルレスディスプレイを実現しています。

 ポップアップ式インカメラは1600万画素。背面には、6400万画素のメインカメラ、800万画素の超広角カメラ、500万画素のマクロカメラに、深度センサー備えています。

 また、バッテリー容量が5000mAhと大きいのも注目のポイントです。その他に、イヤホンジャックも備えています。その他スペックは以下の通り。

Sponsored Link
OS Android 10
CPU Snapdragon 730
メモリ 6GB
容量 128GB
画面 6.5型 (2340×1080) 
カメラ 6400万画素(メイン)+800万画素(超広角カメラ)+500万画素(マクロカメラ)+深度センサー
インカメラ 1600万画素
電池 5000mAh
寸法 162.9 x 76.9 x 9.6mm,210g
その他 15W急速充電

 本体カラーはブルーとホワイトの二色。

 価格は€299、日本円で約3万6200円。5Gに対応した安価なミッドレンジスマホが複数展開されている中、Motorola One Fusion+のスペックは何か物足りなく感じます。