Twitterの「Fleet」、1年持たずに終了。 すまほん!!

 Twitterは、同社が提供するTwitter内のサービス「Fleet」機能を終了することを発表しました。

8月3日に「Fleet」機能を削除し、新機能の開発に取り組みます。申し訳ありませんが、ご了承ください。

 Fleetは、Twitterが2020年3月からテストを開始し、国内でも2020年11月から提供を開始した、いわゆる「24時間で消えるツイート」を投稿できるサービスです。

 仕組みはInstagramのストーリーとほぼ同じで、投稿は全画面、投稿後24時間で非表示となり、フォロー中のユーザーのFleetは、Twitterアプリのホーム画面上部に表示されます。

 Twitterは、気軽に画像付きの投稿でができるこの機能によって、ツイートのハードルをさらに下げようとしました。Twitterの製品担当副社長であるIlyaBrown氏は、より多くの人が、フリートによってTwitterでの会話に気軽に参加できるようになることを期待していたとし、「私たちが期待したような、Fleetを利用し会話に参加するユーザーの増加は得られなかった」と述べています。

 正直、InstagramとTwitterどちらも利用している筆者からすると、Instagramのストーリーを利用している人が圧倒的に多く、かつ機能も充実しているため、わざわざTwitterの「Fleet」を使う理由は乏しかったです。Instagramキラーになるかとも思われた機能でしたが、やはり歯が立たなかったようです。

 Twitterは、ひと月前からフリートでの企業による広告配信をテストしていたため、今回の発表はあまりに突然のものです。テストされていた全画面広告が、今後Twitterアプリのどこに表示されるのかはわかっていません。

 IlyaBrown氏は、「たまには機能を縮小しないと、大きなチャンスをものにできない」と前向きに捉えており、「新しい方法を構築し続け、フィードバックに耳を傾け、より良いものがある場合には方向性を変えていく」とのことです。なお、Fleet削除後Twitterアプリの上部には、アクティブなSpacesルームの一覧が表示されます。