格安タブレットカバーを分解したら中からぺらぺらの厚紙が出てきた

[2013年8月4日 16時22分] 一部誤解を招く表現があったので、タイトルおよび本文を修正いたしました。

 先日、とある事情で Nexus7 用のカバーを分解したら、知らないほうが良かったことを知ってしまったので、参考までにレビューを書きたいと思います。

 この製品はかなり昔に、Amazonで500円程度で購入したもので、購入当時は「えらく安いなあ」くらいしか考えていませんでした。中を開いてみると、そこにはぺらぺらの厚紙が……。

はがしたので余計にペラペラになっています。

 ケースやカバーの芯材に厚紙が使われることは知っていたのですが「ここまでぺらぺらでいいの?」と思ってしまうほどペラペラで、おまけに接着部分にはゴミと汚れがついていました……。

磁石はセロハンテープで固定。ノリの部分にはゴミが……。

 芯材である厚紙が非常に薄く、カバーとして正常に機能を果たしているかも危うく、ノリに付着していたゴミを見ると、少し精神的に来るものがあります。

 不幸中の幸いなのか、私はこのケースのデザインが気に入らず、必要に迫られない限り、使うことを控えていました。ただ、最近タブレットを持ち歩く機会が増え、どうしてもカバーが必要になったため、ASUS の公式ショップから純正のケースを注文しました。

 やはり多少値が張ってもスマートホン・タブレットのアクセサリにはお金を払った方が良いですね。安物買いの銭失いという言葉がありますが、そりゃあ、500円でまともなケースが出来るわけがありません。私は根本的な部分で勘違いをしていました。

 いわゆるグローバルモデルと呼ばれるAndroidスマートフォンやタブレット、また iPhone といった製品は、安価な周辺機器やケースなどが利用できるのも魅力のひとつですが、このような事例には気をつけなければいけません。今回、私は身をもって体感しました。

 カバー(ぺらぺらの厚紙)の代わりに公式ショップで購入したカバーはAmazonでも購入可能なようなので、もしも迷っている方が見えたらこちらをおすすめします。

Google Nexus 7 Travel Cover, Gray Google Nexus 7 Travel Cover, Gray

Amazonで詳しく見る

この記事にコメントする

comments powered by Disqus