モトローラ、最強スペックの「Moto Maxx」正式発表。5.2型WQHD、Snapdragon 805、電池3900mAh搭載

moto-x

 Motorolaはスマートフォン「Moto MAXX」を正式発表しました。

 Verizon Wirelessが展開するDroidシリーズの最新機種として、先月発表された「Droid Turbo (XT1254)」の国際展開モデルとなります。ブラジルを始めとして中南米にて販売されます。

 SoCやメモリはMotorola製のNexus 6と同等。ディスプレイは高精細な5.2インチWQHD、ストレージはデフォルトで64GB、バッテリー容量は3900mAhなど、非常にハイスペックな構成となっています。

OS Android 4.4 KitKat
CPU Snapdragon 805 APQ8084 2.7GHz クアッドコア
メモリ 3GB
ストレージ 64GB
ディスプレイ 5.2 インチ WQHD(2560 × 1440) 有機EL
カメラ 2100万画素
インカメラ 200万画素
バッテリー 3900mAh
寸法 143.5mm x 73.3mm x 7.8-10.6mm,  176g
その他 Qi ワイヤレス充電, 急速充電, 防水

 ハードウェアにはBallistic Nylonを採用しており、強度を大きく増しています。このあたりは防弾チョッキと同じケプラー素材を採用するなど、素材にも拘ってきたMotorolaらしさが出ていますね。

 海外端末では珍しい防水ですが、Moto XやNexus 6に続き、本機も対応。Motorolaは防水にも積極的であり、日本市場でも元気な姿を見せて欲しいところ。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus