スプラトゥーンをテザリングでプレイする人たち

splatoon-logo-01-600x317

 任天堂のWii U用人気タイトルSplatoonは、オンラインでのマルチプレイがメインのTPSです。

 このオンライン対戦を、スマートフォンやモバイルWi-Fiルーターのテザリングでプレイする人が意外と多いことがTogetterにまとめられ、話題となっています。

 テザリングでプレイしている本人から見ると、意外とスムーズに動いているそうです。ただ通信量は結構必要みたいですね。

 他の人からすると、テザリングでプレイしているプレイヤーは、ラガー(ラグが酷い人)に見えたり、エラーに遭遇したりする場合があるようですね。

 テザリングでプレイするのをやめてくれ!と私が言っても無駄ですので、ラガーに遭遇したら諦めます。ラガーというか、わりと不条理な「相撃ち」が多い気がしますね。こちらの通信環境は光回線でベストなのに、先に相手を倒したはずが、こちらも倒される。

 オンラインゲームでは、着弾判定や戦死判定をP2Pではなくサーバー側で実施するものが多いです。このため、高速な固定回線でプレイしている人は快適にプレイでき、「倒したはずなのに、なぜかこちらが倒された」ということは起きません。やはりテザリングで普通にプレイできてしまう仕組みが不条理を生んでいると思います。ゲーム提供者がそのあたりの判定をしっかりサーバー側で処理すべきだと思います。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus