AndroidのGmailアプリでドコモメールが利用できるようになっていました。

gmaildocomo

 AndroidのGmailアプリは、IMAPインターフェースに対応していながらドコモメールとの相性が悪く、アカウントを設定してもメールの送受信ができない状態が続いていたのですが、いつの間にかこれが利用できるようになっていました。手元のXperia Z3 Compact SO-02GおよびNexus 9で、Gmailアプリのバージョンは5.5.101116392で確認しています。

 Gmailアプリは、昨年リリースされたv5.0からIMAPなどのインターフェースに対応したことで、名前はGmailでありながら一般的なメールアカウントも利用できるようになりました。メールを複数のアプリで管理する煩わしさがなくなる有用な機能で、待ち望んでいた方もいらっしゃったのではないかと思います。

 しかしながら、その前からAndroidの標準メールアプリはドコモメールとの相性が悪く、設定はできてもメールを送受信することができない状態が続いており、残念ながらGmailに機能統合された後もそれは変わりませんでした。どうやら、GmailアプリのIMAPインターフェースは「○○日前までのメール」といったように期限を指定してメールを同期するシステムになっており、この期限指定のコマンドにドコモメール側が対応していないのがネックだったようです(一般的なメールサービスは対応しており、ドコモ側の怠慢とも言えます)。現在のGmailアプリは、IMAPインターフェースのメールサービスを利用する際に期限指定をしないよう変更されており、これによってドコモメールの利用が可能になっていると思われます。

 設定方法は一般的なメールクライアントと同様です。Gmailアプリで左からスワイプしてメニューを開き、下の設定から「アカウントの追加」を選択し、IMAPの設定を行います。アドレスを入力し、手動で設定してください。gmail1

gmail2

 細かな設定についてはNTTドコモのサイトに載っているまま打ち込むだけですので割愛しますが、「必ず最初にIMAPを選択すること」「メールサーバーは自動で入力されているものが間違っているので修正する必要があること」「セキュリティの種類はSSL/TLSを選択すること」に注意してください。

 なお、現在のところプッシュ通知は利用できず、15分毎のチェックが最短での自動受信となります。少々頼りない気もしますが、メッセージアプリや通話定額が普及している現在、急ぎの用事をメールで伝えることは多く方が多いのではないかと思います。ドコモメールアプリの使い勝手に辟易している方などは、一度試してみてはいかがでしょうか。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus