ZenFone Maxか? ASUS Japan、バッテリーの持ちが特徴の新モデル投入を告知

zenfone_max

 ASUSの日本法人、ASUS Japanが同社のFacebookページにて、新モデルの投入を予告しました。

 投稿は「春一番、にゅ〜ぜんふぉんがやってくる?」とともに「新禅電<ニューゼンフォン> 持久力なら 日本一」と書かれた画像が掲載されています。

 バッテリーの持ちをアピールする端末としては、同社ZenFoneブランドの「ZenFone MAX」が挙げられ、ZenFone MAXは、5000mAhのバッテリーを搭載しています。その他の仕様は以下の通りです。

 OS Android 5.1 Lollipop
ディスプレイ 5.5インチ(HD解像度)
SOC Qualcomm Snapdragon S410 
RAM  2GB 
内臓フラッシュメモリ  16GB (MicroSD対応)
カメラ  背面:約1300万画素
前面:約500万画素
Wi-Fi・Bluetooth  IEEE 802.11 b / g / n
Bluetooth V4.0+EDR +A2DP
バッテリー 5000mAh(着脱不可) 
 サイズ 77.5 * 156 * 10.55 mm 
重量 202 g

  Snapdragon 410を搭載した、ミッドレンジスペックのモデルながらも、カメラの性能にもこだわっており、f値2.0のレンズや、0.03秒のレーザーオートフォーカスに対応しています。もちろん、3G・LTEの通信にも対応しています。

 5000mAhの巨大なバッテリーは、待機時間が914時間と約1ヶ月以上の間、待ち受け状態が維持できるなど、かなり衝撃的な仕様です。

 同様のモデルとして、Freetelから4000mAhのバッテリーを搭載したPriori 3S LTEも発表されており「スマホに買い換えたいけどバッテリーの持ちが気になる」という方にも選択肢が増えてきそうです。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus