watchOS 6ベータ、単独でOTA受信可能 すまほん!!

 watchOS 6 Betaが、OTAをApple Watchが直接受け取れることがわかりました。VentureBeatのJeremy Horwitz氏が伝えています。

 Settings> General> Software Updateから、アップデートファイルを直接サーバーから受信できるとのこと。

 ただし、現時点ではまだアップデート適用にはiPhone側での確認が必要となっているとのこと。無くなって欲しいですね。

 watchOS 6では、独立アプリ用のApp Store登場により、iPhoneからの独立性が高まっており、今後よりiPhoneなしでできることが拡大していくことが予想されます。

 watchOS 6正式版は今秋、Apple Watch Series 5と同時期にリリースされる見通しです。