90Hz駆動対応でスナドラ460のエントリースマホ OPPO A53正式発表!1万8000円から すまほん!!

 中国メーカーOPPOは、インドなど新興市場向けにエントリースマホOPPO A53を正式発表しました。

 OPPO A53は、日本円で約1万8500円ほどから購入できる安価なスマホとなっています。5000mAhの大型バッテリーに、リフレッシュレート90Hzのディスプレイ搭載しているのが特徴です。搭載SoCはSnapdragon 460。

 OPPO A53はパンチホール式ディスプレイを採用。ディスプレイは6.5インチの液晶(HD+)。画面下部には若干のベゼルがありますが、全体的に安っぽさを感じさせないデザインに思えます。

 

 背面カメラは1300万画素のメイン+200万画素のマクロ+深度センサー。その他、端末背面には指紋認証センサーを搭載。バッテリーは5000mAhで、タイプCポートから18Wの急速充電が可能。

 2万円程度の中華系スマホは数多く展開されています。その中でも、90Hz駆動のディスプレイを備えるスマホは少なく、この点OPPO A53は差別化が図られていると言えます。その他、モノラルスピーカーではなく、ステレオスピーカーを搭載しているのも嬉しい点です。

 その他スペックは以下の通り。

Sponsored Link
OS Android 10,ColorOS 7.2
CPU Snapdragon 460
メモリ 4/6GB
容量 64/128GB
画面 6.5型 (720 x 1600 )
カメラ 1300万画素+200万画素+深度センサー
インカメラ 1600万画素
電池 5000mAh
寸法 163.9 x 75.1 x 8.4  mm, 186g
その他 背面指紋認証、急速充電18W、90Hzディスプレイ

 価格は以下の通り。

  • OPPO A53 (メモリ4GB、ストレージ64GBモデル): INR12,990(日本円で約1万8500円)
  • OPPO A53 (メモリ6GB、ストレージ128GBモデル):INR15,490 (日本円で約2万2000円)
中華ガジェット個人輸入の定番サイト
ETOREN(解説) Banggood(解説) GearBest(解説)
Geekbuying TOMTOP