au「アハモ対抗」ネット専プラン「povo」(20GB/2480円)正式発表。「24時間使い放題」等の追加トッピングも すまほん!!

 KDDIは、オンライン専用の新料金プラン「povo(ポヴォ) on au」を発表。2021年3月以降に提供開始。

 「povo」の意味は「point of view(新たな視点)」と「ad ovo(誕生と成長)」を掛け合わせた造語。MVNOではなく、あくまで「auのWeb専用受付ブランド」。

 月間料金は2480円、容量は20GB。超過時速度は1Mbps。ネットワークは「auの高品質な5G・4G LTEのネットワーク」。2021年夏には5Gにも対応予定。

 オンラインできめ細やかなオプションを加える「追加トッピング」に対応。ノウハウ、UIはCircles Asia社との提携によるもの。

 eSIMにも対応予定。コスト削減のためキャリアメールには非対応。追加トッピング第1弾として、200円の追加料金で申し込みから24時間データ通信使い放題の「データ使い放題 24時間」を提供。

 通話料は20円/30秒。月額500円で5分間までの国内通話が無料となる「5分以内通話かけ放題」を用いれば、アハモと同等条件・同額に。

 その他の追加トッピングとしては「データ追加1GB/500円」「通話かけ放題 1500円」。

 記者質疑応答にて、povoの端末ラインナップについて問われると、現段階ではセット販売は考えておらず、SIMフリー端末を選ぶ形になるものの、今後検討していくとのこと。

 テザリングに対応、オプションや利用料もなく利用可能。au従来プランにある「テザリング専用容量」といった概念もなし。20GBを自由に使えます。さらに「24時使い放題」トッピングでもテザリング可能。かなり使い勝手が良さそうです。国際ローミングに関しては「検討中」。

 NTTと如何に戦うかはKDDIの歴史であることから、アハモ登場に社内は沸いており、他社より500円下回る最安値をつけた上で、トッピングという工夫をしたといいます。アハモ、SoftBank on LINEに続く強力なプラン。やはり後出しは強いですね。各社の20GBプランの提供開始は2021年3月。楽天モバイルはどう出るのか含め、今後の動向に期待したいところです。

KDDIの最新端末をチェック
au Online Shop