次期折り畳み「Xiaomi MIX Fold2」とみられるデバイスが特許を取得 すまほん!!

 Xiaomiが2021年3月に発表したフォルダブルスマホの「Mi MIX Fold」のような形状のデバイスを特許として申請していることがわかりました。PhoneArenaが伝えました。

 それによると、今回の特許はXiaomiが提出、2021年の12月28日に米国特許商標庁(USPTO)が認可。掲載された画像は多くを語ってはいませんが、スタイラスペンに対応、また少なくともペンのワイヤレス充電に対応、電源ボタンに指紋認証を内蔵していないことがわかります。

 インカメラがどこにも見当たりませんが、画面下カメラを備えているのか、それとも先代と同じようにインカメラを廃しているのか。想像が膨らみます。

 資料には最低限の内容しか記されておらず、いつ発表なのかはもちろん、どこがどのように機能するかなど確認できません。また、もちろん特許が申請、認可されたからといって製品化されるとは限りませんし、ましてやアウトカメラが1つのみというこの外観のまま登場というのも考えにくいでしょう。

 

 現行Mi MIX Foldはスマホとして初めて液体レンズを搭載し、8型の大きなディスプレイを備えながら、価格を9999元(16万円)ほどに価格を抑えたフォルダブルスマホですが、グローバル市場ではなく中国のみでの販売。今回は米国の特許庁に登録されているところからも、今回の後継機種はグローバル展開する可能性もありそうでしょうか?楽しみにしておきたいところです。