Galaxy Watch5 Proのスペックがリークされる。 すまほん!!

 Samsungは、折り畳みスマホの代表格であるGalaxy Z Fold4/Flip4をはじめとした製品の発表を、8月10日のGalaxy Unpackedイベントで予定しています。大画面で無骨な「Galaxy Watch5 Pro」のスペックのリークをPhone Arenaがまとめていたため、紹介します。

Watch4 Classic然としたデザイン、回転ベゼルは廃止

 まず、最も大きな変更点が回転ベゼルの廃止。回転ベゼルはスクロールに用いることができ、無印とClassicの差別化ポイントとなっていました。

 曰く、Galaxy Watch5 Proでは耐久性や堅牢さを重視するようで、部品を減らし、耐久性を向上、故障リスクを減らさんとしているものだと捉えられます。おそらく、Galaxy Watch4で採用されている仮想的なベゼルが使えるものとみられます。

 また、回転する機構こそ備えないものの、ベゼルは盛り上がっているとされており、思わぬ衝突や傷から画面を守ることができそう。

 他方、本体の厚みはかなりあるようです。これはGalaxy Watch5 Proが非常に大きなバッテリーを搭載していることに起因するとのこと。Galaxy Watch4やApple Watchシリーズといった高機能スマートウォッチの電池持ちはまだまだ劣悪であり、電池持ちを改善できるのなら本体の厚みはトレードオフできる要素であるといえます。

7月配信のOne UI Watch 4.5搭載、入力の幅広がるか

 ソフト面では、今年7月に発表されGalaxy Watch4シリーズに提供されることが明らかとなった「One UI Watch 4.5」プリインストールされる見通し。Wear OS 3.5をベースとしているため、もちろんLINEをはじめとした豊富なアプリを利用可能。

 One UI Watch 4.5では、主にインターフェース周りの改善が主。これまでは音声入力・グライド入力・キーボード入力が用意されていましたが、新しくフルQWERTYキーボードに対応するようになるほか、入力途中で入力方法を切り替えることもできるようになったようです。筆者も、音声入力で正しく入力されなかった部分を修正するのに四苦八苦していたため、この変更はうれしく思います。

 また、接続するスマホがSIMを複数搭載していた場合、スマートウォッチから電話をかける際にどちらのSIMで発信するか選択できるようになるとのこと。

最大の魅力、バッテリー容量と充電速度

 Galaxy Watch5 Proでしばしば最大の魅力と語られるのがそのバッテリー容量と充電速度。Galaxy Watch4 Classicは最大でも361mAhのバッテリーを搭載しているのに対し、Galaxy Watch5 Proではその1.5倍近く、527mAhを搭載するとされています。2日も持たなかった先代から飛躍的に進化し、最大3日の電池持ちを謳います。

 また、充電速度も高速化。Galaxy Watch4シリーズでは5Wで、満充電には2時間以上かかりますが、Watch5 Proでは10Wでの充電に対応。30分で45%、1時間で満充電ができるとされています。

価格は微増、バッテリー持ちとペイできるか

 従来のGalaxy Watch4 Classicでは画面サイズが42mmと46mmの2種類が提供されていましたが、Watch5 Proでは45mmの一種類に統一されるようです。

Galaxy Watch4。40mmと44mmがラインナップされている

 もちろん、Wi-Fi版とLTE版が用意されますが、うちLTE版の詳細な価格は不明。Wi-Fi版の価格は349ドル、もしくは399ドルであるとされています。42mmが存在しないため開始価格は上がってしまいましたが、強化された点を考慮すればコスパは悪くないでしょう。ただし、国内では円安の影響をモロに受け、価格上昇は避けられないものとみられます。

総評

 現時点でリークされている情報では、Galaxy Watch5 Proも期待を裏切らないデバイスになりそう。バッテリー持ちの悪さをバッテリー容量の巨大化という単純かつ原始的な方法で解決し、よりさらなる利便性と快適性を追求しています。価格さえ気にならないレベルであれば、Androidスマホを利用するユーザーに最もおすすめできる高機能なスマートウォッチという座は健在なのではないでしょうか。

 余談ですが、筆者は7月上旬に「プライムデーで安いし次期モデル出るときは円安だし便利そうだった回転ベゼルなくなるらしいから今のうちに買っちゃえ」とGalaxy Watch4 Classicを購入。Galaxy Watch5 Proの操作性やバッテリー持ちその他諸々によって、この判断が正しかったのかそうでなかったのか明らかになるところ。