3.62インチの巨大なカバーディスプレイ搭載「OPPO Find N2 Flip」正式発表。 すまほん!!

 OPPOは、同社が開催した新製品発表イベントにて、最新の縦折り式スマートフォン「OPPO Find N2 Flip」を正式発表しました。OPPOが縦折り式のフォルダブル端末を発表するのは、これが初めてとなります。

デザイン

 「OPPO Find N2」一番の特徴は、カバーディスプレイ。SamsungやMotorolaなどの競合企業が、縦折り式スマートフォンのカバーディスプレイを横向きに配置する中、OPPOは新しい縦向きのアプローチに挑戦。目をひく大きな表示領域が印象的です。

 独立した2つのカメラユニットも備えており、カメラの出っ張りは少々大きい印象。本体カラーは、パープル、ゴールド、ブラックの3色展開であり、このうちゴールドにはアクセントの模様が刻まれています。

 なお、「OPPO Find N2 Flip」に防水・防塵機能はありません。また、外側の保護ガラスは、米コーニング社による以前のモデルであるGorilla Glass 5を採用している点にも注意が必要です。

ディスプレイ

 メインディスプレイは、6.8型のLTPO有機ELディスプレイを採用。リフレッシュレート最大120Hz駆動であるほか、最大輝度は1600ニトと非常に明るくなっています。

 同時に発表された「OPPO Find N2」と同様に、新設計の第2世代Flexionヒンジを採用。本体重量の軽量化だけでなく、耐久性の向上にも成功し、折り目がかなり見えにくくなっていると主張しています。

一番左がOPPO Find N2 Flip、右側はGalaxy Z Flip

 カバーディスプレイは、解像度782×320の3.62型有機ELディスプレイ。これまでの競合他社の縦折りスマートフォンは、ほとんどが横向きのカバーディスプレイを採用。基本的に縦向きで使うことがほとんどのスマートフォンにおいて、利用できる機能には限界がありました。

 「OPPO Find N2 Flip」の縦向きかつ巨大なカバーディスプレイは、カバーディスプレイの利用の幅をさらに広げ、写真の撮影だけでなくQRコードやバーコードの表示も問題なく行えるようになります。

カメラ

 カメラ部は2眼構成であり、メインカメラに5000万画素のSony IMX890、超広角カメラに800万画素のIMX355をそれぞれ採用。望遠カメラは搭載せず、こちらは他社と同じように控えめ。

 スウェーデンのカメラメーカーであるHasselblad社と共同開発した、Mariana MariSilicon X NPUチップを搭載することで、より忠実な色の現像を実現しています。

スペック

 「OPPO Find N2」は、SoCに米QualcommのSnapdragon 8+ Gen 1を採用している一方、「OPPO Find N2 Flip」は、台湾MediaTekのDimensity 9000+を搭載。内蔵ストレージ、実行メモリはそれぞれ8/256GB、12/256GB、16/512GBの3つから選択可能であり、いずれもLPDDR5およびUFS 3.1規格に準拠しています。

 バッテリー容量は4300mAhであり、競合他社を含む縦折りスマートフォンと比較して容量がかなり大きくなっています。最大44Wの急速充電にも対応し、15分で34%、約1時間で100%の充電が可能とのこと。

発売日・価格

 「OPPO Find N2 Flip」は、すでに中国国内において予約受付を開始しており、2022年12月30日より発売します。本体価格は、実行メモリ・内蔵ストレージそれぞれ、8/256GBモデルが5999人民元(約11万7600円)、12/256GBモデルが6399人民元(約12万5500円)、12/512GBモデルが6999人民元(約13万7200円)となっています。

OS Android 13,ColorOS 13
SoC Dimensity 9000+
メモリ 8/12GB
容量 256/512GB
画面 メイン:6.8型 (2520×1080)
カバー:3.62型 (720×382)
カメラ 広角:5000万画素
超広角:800万画素
インカメラ 3200万画素
電池 4300mAh
寸法 展開時:166.2 × 75.2 × 7.45mm, 191g
折り畳み時:85.5 × 75.2 × 16.02mm
その他 急速充電最大44W
中華ガジェット個人輸入の定番サイト
ETOREN(解説) AliExpress Global Geekbuying(解説)