疲れ目が気になる全ての現代人に ブルーライトカット液晶保護フィルムを試す

 スマートフォンは毎日使う便利な道具。気がつくと電車の中でも常にディスプレイを見つめっぱなしということも増えてきました。

 その中で気になるのが眼精疲労。その眼精疲労の原因の1つに「目に負担がかかりやすい」と言われている「ブルーライト」があります。

 ざっくりとした説明をすると、ブルーライトとは可視光の中で最も強いエネルギーを持つと言われている光で「その光を浴び続けると目に負担がかかるのではないか」という懸念がなされているものです。ただし、ブルーライト(と定義されている可視光線)は自然界や蛍光灯にも含まれているため、ブルーライトをカットすることで本当に眼精疲労が軽減されるか否かは、未だに議論が続いています。

 筆者は起床してから就寝するまで基本的に液晶モニタかスマートフォンの画面を眺めている人間なので(寝ているときもついているモニタはありますが)ブルーライトをカットする眼鏡も愛用しています。これが果たしてどの程度の効果を持つのか対照実験をしておらず、明確に結論は述べられないのですが個人的には「少し楽になったかな」と思っている人間なので、今回この液晶保護フィルムの購入に至りました。

 ちなみに、もうひとつこのフィルムを買ったのには理由があり、今回貼り付けるスマートフォン Optimus Gは液晶が非常に青いです。ブルーライトカットの液晶保護フィルムは原理上「青さ」が軽減されるので、色温度を下げることができます(つまりOptimus Gの色温度が高いということ)

 「目の疲れも気になるし、液晶の青さも気になるし」と、不純と言えば不純ですが、何気ない液晶保護フィルムにも機能性を求めてしまうのが男の性(サガ)というものです。

 前置きが長くなりました。レビューを記していきます。

フィルム自体が薄い灰色

 この液晶保護フィルム自体が薄い灰色をしており、白い紙の上に置くと違いがよくわかります。眼鏡で例えるならば、カラーレンズで目の疲れを軽減するようなものでしょう。

 もちろん、フィルム自体に色がついているということは、色再現性が下がります。ただ、どれだけ鮮やかに、綺麗になろうとも「所詮はスマートフォン」という割り切りが必要になってくるかと思います。
(ロットによって色味が異なるのが今のスマホでは当たり前なので、特別に気にする必要はないと思います)

 効果のほどは……微妙?

 まあ、目に見えて「目が疲れなくなった!!」と感じることはありません。目の疲れは目に見えないので(目なだけに)ただ、中長期的に使っていると累積的にたまっていく目の疲れは軽減されていくのかもしれません。

 ただ、フィルムを貼る前は「青い」と感じたOptimus Gのディスプレイが「ちょっと青い」に軽減され、眼鏡をかけたら「普通」のレベルになったのは個人的に賞賛に値します。イレギュラーな使い方ですが、自分の使っているスマホのディスプレイが「青い」と感じたら、このフィルムを貼れば青さを軽減させられると感じました。液晶の青い個体を引いてしまった際は、今後このフィルムを使いたいなと思います。

 もしも、普段スマホを使っていて目の疲れが気になる人は、眼鏡を新調するよりは遙かに低価格なため、一考の価値があるかも?しれませんね!

レイ・アウト L-01E / LGL21用 ブルーライト&気泡軽減高光沢防指紋保護フィルム RT-L01EF/M1 レイ・アウト iPhone 5 用 ブルーライト低減・気泡軽減反射防止保護フィルム RT-P5F/K1

この記事にコメントする

comments powered by Disqus