この色は、あなたです。iPhone5c 購入&ファーストインプレッション!

iphone5c_reviw_top

 世間的には、真新しい機能を搭載した iPhone 5s に注目が集まっていますが、筆者はアップルの発表会を見たときから、5c に一目惚れしており、来月がちょうど携帯電話契約の更新月だったので「グッ」と衝動をこらえていました。しかし、ふと立ち寄ったショップでホットモックを触っていたら「今すぐこれがほしい」という衝動に駆られ、気がつけば新品を購入していました。

最初に一言

iphone5c_reviw_0002

 事前情報では iPhone 5c は新興市場向けの廉価モデルではないかという予測がなされていました。筆者自身もそれを信じていましたし、妥当性のある予測でした。しかし、蓋を開けてみると iPhone 5c は決して廉価モデルではなく、ミドルレンジとハイエンドの中間、いわゆるミドルハイに当たるモデルに仕上がっていました。
(ハイエンドはもちろん iPhone 5s です)

 まず、読者の皆さんには「iPhone 5c は廉価版である」という先入観を捨て去ってほしいと思います。日本市場に投入され、LTE に対応している時点で決して廉価版などではありません。

 確かに iPhone 5s にのみ取り込まれた新機能、たとえば指紋認証機能であったり、新しいプロセッサという要素は取り込まれておらず、真新しさという点では少しインパクトに欠けますが、iOS7 と調和がとれたカラーバリエーションと筐体デザインは、iPhone 5s とは異なる方向の進化であると筆者は考えています。

評価が分かれる本体素材ですが、個人的にはアリアリ!

iphone5c_reviw_0003

 iPhone 5c の最大の焦点は筐体の素材にあります。iPhone 5 や iPhone 5s のような、アルミニウムの筐体ではなく、ポリカーボネイト(プラスチック)を採用しており、素材感が iPhone 5 からは別方向のものに変わりました。

 このポリカーボネイトの素材感を「かわいい」「ポリカーボネイトとは思えない」と感じるか「安っぽい」と感じるかで、iPhone 5c の評価が分かれているといっても過言ではありません。

 是非、アップルストアや家電量販店に足を運んでいただき、その質感を確認してほしいと思いました。

iphone5c_reviw_0005

 iPhone 5s のアルミニウムで直線的な筐体は、綺麗なファッションモデルを見て「わあッ!あの人本当に綺麗な人!」というお洒落さを感じますが、iPhone 5cは「キュートでポップな女の子」をという印象を感じました。

 少し何を言っているかわからない読者の方も見えるかと思いますが、もう少し具体例を挙げるなら iPhone 5s は「夜景の綺麗な高級レストランで外食をとる時の彼女」がで iPhone5cは「ゴロゴロとこたつで横になりながらミカンを食べてはにかむ彼女」といった感じです。余計にわけがわからなくなりましたね。

(女性向けにたとえるなら、iPhone 5s はスーツをビシッと決めたときの彼氏で、iPhone 5c はオフの時の肩の力を抜いた彼氏といった感じです)

 以上、ファーストインプレッションでした。不評の多い iOS 7 を搭載していますが、筆者自身は iOS7 に不満はありませんし、ストレスも特にありません。最初こそ違和感がありましたが、一日経てば何も感じなくなりました。

 iPhone 5c の魅力は店頭で確認をしてもらうのが一番だと思うので、是非店頭のホットモックをチェックしてみてください。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus