イオン、格安スマホ「富士通 ARROWS M01」を12月5日に発売。

m01

 全国にショッピングモールを展開するイオンは、富士通製の「ARROWS M01」を、「イオンスマホ」第4弾として、12月5日に発売すると発表しました。

 同機は法人向けの「ARROWS M305/KA4」がベース。仕様としてはSIMフリーとなっています。実行用メモリは1GB、ストレージは8GB。防水防塵にも対応します。

OS Android 4.4 KitKat 
CPU  Qualcomm Snapdragon 400 MSM8926 1.2GHz クアッドコア
メモリ  1GB
ストレージ  8GB, microSDカードスロットあり
 ディスプレイ 4.5インチ有機EL HD解像度
カメラ  810万画素 
インカメラ  130万画素
 バッテリー 2500mAh 着脱式
寸法  138.1×67.1×10.9mm, 153g
その他  防水(IPX5/IPX8)防塵(IP5X),耐落下・耐薬品, NFC

arrows-m01

 通信サービスは「BIGLOBE「BIGLOBE LTE・3G 音声スタートプラン(容量1GB/月)」で、料金は月額1350円。端末代金は3万6720円。(税込3万9657円)。分割払いなら月額1530円なので、1ヶ月あたりの支払いは2880円となります。

 イオンは格安スマホの先駆者ですが、日本製端末は今回が初。シニア層の来店も多いことから、そうした層をターゲットにするのであれば富士通ブランドは訴求力が高いのではないでしょうか。だからこそ、どうせならFeliCaを積んで、モバイルWAONを推奨したら面白かったのでは、とも思います。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus