ジョナサン・アイヴ氏、ジョブズにクビを言い渡されるのを恐れていた?

 Jonathan Ive(ジョナサン・アイヴ)氏は、言わずと知れたAppleのデザイナーです。Mac, iPod, iPhone, iPad, Mac, Apple Watchのプロダクトをデザインしてきた、Appleにとって欠かせない重要人物です。

Jonathan_Ive-apple

 ところが、アメリカで出版される故Steve Jobs(スティーブ・ジョブズ)氏の伝記「Becoming Steve Jobs」に収録されたエピソードの一つとして、なんとアイヴ氏の解雇に関するエピソードが収録されているということで、海外で話題となっています。

 アイヴ氏は、ジョブズ復帰前の、Apple低迷期からMacintoshのデザインに関わっていました。

 復帰後、ジョブズがラボを訪ねてきたとき、製品デザイナーを解雇されるのではと危機感を抱いたそうです。それはNeXTのデザイナーであるHarmut Esslinger(ハルトムット・エスリンガー)氏をAppleに呼ぼうとしていたことからも、当然と言えます。

 しかし実際には、エスリンガー氏がAppleに来ることはなく、ジョブズ氏はアイヴ氏の才能を評価、デザイナーとして重用し、後の重要プロダクトを作っていくことになるのです。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus