「ソフトバンク光」開通できず「詫びWi-Fiルーター」が送りつけられる事案

softbank-hikari-logo

 Yahoo! BB ADSLの時代の既視感のような出来事ですが、SoftBankの光固定回線サービス「SoftBank光」が、工事が遅い・サポートセンターが繋がらない・工事日が決まらないなどのトラブルが相次いで報告されています。テレビCMを含め宣伝自体は数多く展開されているものの、現場の処理は追いついていないようです。

 さらには、工事日になっても一向に工事が行われない問題への対応措置として、「詫び石」ならぬ「詫びWi-Fiルーター」が送られているようです。

 送られてくるのは中国ZTE製モバイルWi-Fiルーター203Z。通信費は無料で、通信制限も無し。工事完了までの貸与となり、開通後は本体を返却する必要があるそうです。

 ドコモ光も当初は工事まで時間がかかるとは聞きましたが、SoftBank光はその比じゃないみたいですね。検討している人がいるとすれば、今は様子見した方が賢明です。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus