iPhone 6sのA9チップはデュアルコア、1.8GHz駆動か すまほん!!

Apple-A9

 VR-Zoneは、中国TENAA認証に登録されたiPhone 6sのスペック情報が公開されていると伝えました。

 それによると、iPhone 6s搭載するプロセッサ「A9チップ」は、クロック数は1.8GHzであるとのこと。

 iPad Air 2のA8Xチップのようなトライコア構成も期待されていましたが、認証情報によればデュアルコア構成のようです。

 落胆する必要はありません。AppleはA9チップは、iPhone 6に搭載されたA8チップに比べ、70%高速なCPUパフォーマンスと、最大90%強力なグラフィックス性能を備えていると謳っています。

こんな記事も読まれています

5G対応の「iPhone SE Plus」が登場する?

悲報……iPhone 12シリーズ、120Hz駆動を断念か?

超当たる専門家「iPhone 13は画面内に指紋認証」「狭額縁な『iPhone SE3』は電源ボタンに指紋認証を搭載」

iPhone 13に搭載の「A15 Bionic」、ベンチマークスコアが判明。

携帯4社、iPhone 12/mini紫の予約受付を開始

iPhone 12と12 Pro、同じバッテリー容量と判明