安くなってきた4KテレビをPCモニターとして快適に使えるか検証レビュー

lg-uhd-box

 先月LGの4Kテレビ43UF7710を購入しました。基本的にPCモニターとして使っていますので、使用感をレビューします。

低価格化が進む4Kテレビ 

lg-uhd-price

 筆者が購入した43UF7710は2015年4月上旬に発売されました。発売当初は161,784円でしたが、記事執筆時点での最安値は90,383円となっています。4Kテレビ登場直後と比べると、かなり安くなりました。筆者は価格重視で選びましたが、国内メーカーの製品もかなり手を出しやすいお値段です。

外観

lg-uhd-top

 組み立てはスタンドをネジで固定するだけ。簡単ですが、重量が約12kgなので設置は二人でやったほうが安全でしょう。狭額縁で薄型なので、43インチにしてはコンパクト。

lg-uhd-stand

 スタンドやベゼルにはヘアライン加工が施されており、見た目は悪くないです。質感は価格相応だと思います。

lg-uhd-usnd 前面下部のステレオスピーカーだけでなく、背面にもスピーカーを搭載することにより5.1チャンネルサラウンドに近い音場を再現できるようです。テレビスピーカーの域を脱するほどではありませんが、普通のテレビよりは臨場感があるように感じます。

マジックリモコンが便利

lg-uhd-rc

 一般的なリモコンに加え、マジックリモコンが付属。これは、Wiiリモコンのように操作することができます。このリモコンがあるだけで、項目選択のときにボタンを連打するストレスから解放されます。

lg-uhd-rch

 手にフィットする形で握りやすいです。ボタンがアイコンの形に浮き出ており、リモコンを見なくても触って認識できます。

 ちなみに、マジックリモコンにだけ3Dボタンがありますが、43UF7710は3D機能非搭載です。押しても利用できないというメッセージが表示されるだけでした。

webOS 2.0

lg-uhd-webos

 43UF7710はwebOS 2.0が搭載されたスマートテレビです。前バージョンのwebOS 1.0と比べ動作速度が大幅に向上し、快適に使えるようになりました。

 インターネットに接続すれば、ブラウジングだけでなくNETFLIXやひかりTVなどのVODサービスが利用できます。

PCモニターとして使うには

lg-uhd-end

 筆者はMac ProのHDMIポートから出力しています。HDMIケーブルでテレビと接続し、解像度を3840×2160にすると画像のように端が切れてしまいます。

lg-uhd-dvc

 テレビのデバイスコネクターからPCを選択すると改善しました。他にも、ゲーム機やセットトップボックスなどの項目もあるので、接続機器に応じて設定を変更すると良さそうです。

広大な作業スペース

 今までは23インチのモニターを3面横に並べていました。多くの情報を同時に表示できましたが、一覧性に欠けていました。首を左右に振らないと全ての情報が視界に入らないのです。そこで、1つの大きい画面に集約しようと考えました。

lg-uhd-wdivi

 画面からある程度距離があれば、表示されているもの全てを見渡せます。ウィンドウ分割機能で複数のウィンドウを並べて表示すれば、マルチモニターのようにベゼルが気になることはありません。

モニターとして購入するのはアリ

lg-uhd-ec

 43インチはかなり大きいので、UHDでも高精細すぎて見づらいということはありませんでした。大画面はやはり快適で、満足しています。

 設置スペースや画面との距離など制約もありますから、事前に確認しておくといいでしょう。 また、4Kモニターとして使用する場合は、PCが4K出力に対応している必要があるので、注意してください。

総括

lg-uhd-logo

 4Kはコンテンツ不足が問題でしたが、現在はVODサービスなどでも取り扱われるようになりました。今後ますます4Kの恩恵を感じられる場面が増えるでしょう。大画面で迫力ある映像を楽しめて、PCと接続すればFHDとは比較にならないほどマルチウィンドウでの作業が捗ります。4Kテレビいかがでしょうか?

LGエレクトロニクス 43UF7710 4K対応 液晶テレビ

この記事にコメントする

comments powered by Disqus