au、MNPに毎月割12万円を盛る

 KDDIは、DIGNO rafre KYV36のMNPに対して、約12万円もの額の毎月割を付与していることがわかりました。毎月割は機種購入に伴い付与される、通信料からの割引となります。

maitukiwari

 auスマートパス加入の場合、12万6千円となり、3500円×36ヶ月の割引が得られます。

 auスマートパス非加入の場合、11万8224円となり、3284円×36ヶ月の割引が得られます。

 総務省有識者会議の報告書を元に、2016年1月以後、MNP優遇が規制される見通しであり、一見、KDDIからの総務省に対する挑発とも取れます。総務省有識者会議のキーマンであるNRI北氏は「徐々に」割引を萎縮させる意向を示しています。今から高額な割引を設定しておけば、「徐々に」規制されても、影響を先延ばしできるという魂胆かもしれません。

 総務省はキャリアに対して取組状況の報告を要求しているので、これなら来年、毎月割を今とあまり変わらない水準の6万円程度にしたとしても、「頑張って割引を半額に減らしました!」と報告できますね。(こういう茶番劇に割かれる人的リソースと税金が無駄なので、最初からシンプルに『通信料からの割引』を一律禁止すべきです)

  • 情報元au

この記事にコメントする

comments powered by Disqus