日本市場にてZenFone AR発表。実行8GBメモリ選択可能なモンスタースペックモデル

20170105-asus-zenfone-ar

 ASUS Japanは、日本市場向けにAndroidスマートフォン「ZenFone AR (ZS571KL)」を発表しました。

 本機はCES2017で発表されたスマートフォン。Googleの拡張現実(AR)”Tango”と仮想現実(VR)”Daydream”に世界で初めて両対応したモデルとなります。

 スペックとしては、世界初となる実行8GBメモリを搭載可能。(6GBモデルも選択可能。)ディスプレイは5.7インチWQHD有機EL。ソフトウェアはAndroid 7.0 Nougat。

 メインカメラは2300万画素。ARのためにカメラを3つ搭載し、モーショントラッキング・深度・ルームマッピングに利用。さらに4枚の2300万画素写真から9200万画素相当の高画質写真を合成する”Super Resolution”にも対応します。

asus zenfone ar

OS Android 7.0, ZenUI 3.0
CPU Qualcomm Snapdragon 821 2.3GHz
メモリ 6GB / 8GB
ストレージ 64GB / 128GB
ディスプレイ 5.7インチ(2560 x 1440) 有機EL
カメラ 2300万画素, F2.0, TriTech, Sony IMX318
インカメラ  800万画素
 バッテリー 3300mAh
寸法  158.67 x 77.7 x 8.95mm, 170g
その他   USB C

 電池容量は3300mAh、端子はUSB Type C。カラーはCharcoal Black。価格は64GBモデルが8万2800円、8GBモデルが9万9800円。いずれも税別。発売日は2017年夏予定。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus