耐久性・サポート バッチリ!Anker PowerLine Lightningケーブルレビュー

IMG_9696

 昨年にAnker PowerLine Lightningを初購入しました。耐久性、値段、保証すべての面で気に入ってしまい、もう一本買い足しました。

 今回、新たに「iPad Pro」を購入したため、Lightningケーブルが不足してしまうのと、机周り用でもう一本欲しいなと思ったので、更に買い足すことに。どの辺が気に入ってるか、レビューします。

IMG_9697

 内容物はケーブル、留めておけるマジックテープ、サポートの案内用紙です。マジックテープは必要がなければ取り外せます。

 気に入ってるポイントの一つはAnkerのサポートです。Ankerのサポートは大変優秀で、製品購入後18ヶ月以内に通常使用で故障した場合はサポートにメールを送ると、新しい商品を発送してくれるところです。メールのサポートの対応も素早く丁寧な日本語ですので安心して使えます。そのおかげで自然とAnker製品を選んで買ってしまいます。

IMG_9700

 Lightning端子は純正ケーブルと比較すると一回り太いかな?と感じる程度です。

IMG_9702

 USB Type-A側も通常のUSBより少し一回り大きいかな?と感じる程度です。片面だけAnkerのロゴが入っています。なお、黒色は統一感のある黒ですが、白色は端子の根本の色がややグレーのようになっています。

IMG_9705

 ちょっと端子が厳しいかな?と思うSPIGENのタフ・アーマーを装着したiPhone 7 Plusに接続。全く問題なく使えます。

 このケーブルは内部の素材にケブラー素材という高耐久性の素材を使用しています。ガジェット好きなら聞いたことがあるケブラー素材、少し前はMotorolaのRAZRの背面で使用されていました。通常の純正ケーブルと比較し、5倍の強度があるそうです。なお、PowerLine Ⅱではなんと12倍もの強度があり、80kgのおもりを縛って持ち上げても断線しないそうです。

 そしてこんなに高耐久性なのにもかかわらず、急速充電やデータ転送にもしっかり対応しているのが流石Ankerといったところ。値段も執筆時点で0.9mのホワイトで999円とお買い得なのもGood。なお、より高耐久性になったPowerLine Ⅱは1199円と200円しか変わらないので、より高耐久性を求めるならⅡのモデル、そんなに耐久性はいらないので安い方がいいという方はレビュー記事にある旧モデルを購入するも良しだと思います。

 ちなみにこの製品、iOSのLightningだけではなくmicroUSB端子向け、そしてUSB-Type-C向けのPowerLineシリーズもあります!しかもmicroUSBの0.9mなら699円と超お買い得です。まだ多いmicroUSB端子や、これから増えていくType-C端子搭載のAndroidユーザーの皆さんも是非いかがでしょうか。

上記の商品が今回紹介した商品です。リンク先では長さやカラーを選ぶことができます。

上記の商品は今回紹介した商品の新しい商品です。耐久性が向上しています。

今回紹介したPowerLineのmicroUSB版です。3本セットでこの値段は破格です!

そしてこちらはUSB Type-Cのケーブル。