すまほんライターの選ぶベストバイガジェット2017

 2017年も残りわずか。すまほん!!ライターに、2017年買ったベストなガジェットを訊いてみました。

rironriron:Galaxy S8

 2017年は「狭額縁 & 18:9ディスプレイ」がトレンドになりましたが、その火付け役となったGalaxy S8の存在感はやはり圧倒的でした。Galaxy S6 edge / S7 edgeと比べると控え目になったエッジディスプレイですが、狭額縁化が進んで近未来感あふれるフォルムへと昇華しました。

20171215_043739

 18.5:9の縦長のディスプレイは、Twitterやブラウザといった縦スクロールを多用するコンテンツと非常に相性が良く、今では従来の16:9ディスプレイを窮屈に感じます。フィーチャーフォンの大画面化が進んだ時もそうでしたが、旧式の画面が小さい端末がオモチャのように感じられますね。

 加えて、Samsung DeXも良く出来ています。S6世代で搭載された「リサイズ可能なマルチウインドウ機能」 が、デスクトップUIとして実を結びました。リサイズに非対応のアプリは、スマホ相当の16:9サイズか、タブレット相当の4:3サイズで表示されるようになっており、既存のアプリ資産をフル活用できます。DeX Stationを購入して以来、自宅のデスクトップPCを使う頻度が激減しました。

Screenshot_20171215-040612

そっぷる:10.5インチiPad Pro+α

IMG_0033

 今年のベストバイガジェットは10.5インチ iPad Proと、Smart Keyboard & Apple Pencilです。

IMG_0064
 タブレットは必要ないと否定的な筆者でしたが、Smart KeyboardやApple Pencilとの組み合わせで、活用の幅が大きく広がりました。パフォーマンスやソフトウェアの使い勝手も最高に快適ですので、これは長らく手放さないガジェットになると思います。

明日原はすあ:Galaxy S8

20171226_200101

 Infinity Displayの発色・迫力と、片手で持ちやすい筐体幅が気に入っています。SC-02JはMNP限定ながら入手しやすい価格だったこともありがたかったです。

20171226_200133

あだっち:Nintendo Switch

 発売日に偶然買えたNINTENDO SWITCH スプラトゥーン2セットです。

 全く予約も抽選応募もしていない状態でフラリと立ち寄ったJoshinに「置いてあった」ので買いました。据え置きの大画面、持ち出して出先でプレイ…とガジェット感でいえば近年屈指のギミック満載のゲーム機ではないでしょうか。

あやさん:特になし

 依然としてiPhone 6とOLYMPUS PEN E-P3を愛用している。2017年はガジェットを新規購入してない。物は大事に使うべきだ。

らいち:iPhone X

 先頭で並ぼうとしたら「並ばないで」と言われたのにすぐに中国人の行列ができてしまったり、購入までの思い出もたくさんあるiPhoneです。iPhone 6以来、久々にデザインが大きく変わりました。

20171106-IMGP8311

 少々の不満も新しいものを持つワクワク感で塗りつぶしてしまう、魅力あるガジェットです。

きもば:Kindle Oasis

 マグネット着脱式の電池内蔵カバーを備えた、ワクワク感の溢れるガジェットだった「Kindle Oasis (2016)」。そんな冒険心溢れるOasisの、待望の実用モデルが、Kindle第9世代に属する「Kindle Oasis (Newモデル)」です。

amazon-kindle-oasis-new-model

 読書にうってつけの電子ペーパーの良さはそのまま。6インチの旧モデルでは、漫画、たとえば精緻な書き込みのある作品や情報量の多い作品では、画面サイズが絶妙に足りなく感じる場面が多々あったものの、新モデルは文庫本サイズ並みの7インチへと大型化したことで、これが解消。大型化に合わせて解像度も向上しており300ppiのラインは維持。さらに防水によって利用シーンも増えました。おかげさまで最近の趣味はもっぱら読書です。