10.3インチ電子ペーパー搭載のAndroidタブレット「BOOX Note」新登場。機能・性能・発売日まとめ

ONYX BOOXシリーズ最新作「BOOX Note」新登場

boox-note

 SKT株式会社は、「ONYX BOOX Note(オニキス ブークスノート)」の国内発売をアナウンスしました。

ONYXとは

boox-160

(BOOX A60 画像出典:知乎

 中国広州のメーカーONYX(文石科技)は、2008年に創業。2009年の初号機「BOOX A60」を皮切りに、この9年間様々な電子ペーパー端末をリリースしてきたメーカーです。

onyx

(ONYXの歩み 画像出典:知乎

 2017年にリリースされたBOOX Max2は、HDMI接続対応など主に屋内利用を想定した大型のモデル。日本国内ではSKT株式会社が販売代理店となり、Amazonなどで販売されています。

最新作「BOOX Note」はA5の高精細E-Ink

 そんなONYXのBOOXシリーズ最新モデルが「BOOX Note」です。最大の特徴がその大きな電子ペーパーです。

 通常のタブレット端末は液晶など自発光式ですが、電子ペーパー(E-Ink)はそうではないのでずっと見ていても目が疲れず、読書に最適です。画面上の画像をそのまま維持でき、省電力で駆動するのも特徴です。

 大きなBOOX Max 2に対し、BOOX Noteはあくまで持ち運びを念頭に置いたモデルとなっており、画面サイズは10.3インチ。紙でいうとA5相当です。解像度は1872×1404ドット。227ppiと高精細です。バックライトは無し。

Wacomスタイラス対応!

 4096段階の筆圧感知と傾き検知に対応したWacom製スタイラスを採用しています。まさに名称そのまま「ノート」にもなるというわけ。

booxnote-stylus-wacom

 そりゃ紙に近い電子ペーパーとはいえ、リフレッシュレートの問題や反応速度など、ペンとの相性は必ずしも良いわけではないのでは?などと思いがちですが、そんなことはなく、スタイラスへの追従性は予想以上に良さそうです。

OSはAndroid!

 電子ペーパー搭載の端末は既に存在していますが、独自OSなので利用できるサービスに自由度があまりないものがほとんどでした。

 しかしONYX BOOX Noteは基本ソフトウェアにAndroid OSを採用するため、様々なアプリ・電子書籍サービスが利用可能です。

boox-note

 OSバージョンはAndroid 6.0 Marshmallow。SKT曰くGoogle Playも利用可能であるとしています。

 標準のNeoReader2.0は、pdfの読み込みが可能。pdfの余白やコントラストを読みやすく自動調整。注釈や線の書き込みなども可能。様々な用途が想定されます。

file

音声も扱える

 さらにステレオスピーカーも内蔵しているため、語学学習テキストを読みながらスピーカーで発音用音声を聴くといった用途も想定されます。

スクリーンショット 2018-05-02 20.20.04

 底部にイヤホンジャックとマイク穴を備えます。電子ペーパー端末ながらも音声もしっかり取り扱えるので、可能性が広がります。

onyx-boox-usb

スペック比較

 既に日本でも発売されている13.3型モデル「BOOX Max2」、そしてNoteの廉価版「BOOX Note S」ともスペックを比較してみます。

onyx-boox-series

  BOOX Note BOOX Max 2 BOOX Note S
OS Android 6.0 マシュマロ
CPU  1.6GHz クアッドコア
メモリ  2GB  LPDDR3 1GB  LPDDR3
ストレージ  32GB 16GB
 ディスプレイ 10.3型
1872×1404
13.3型
2200×1650
9.7型
1200×925
 バッテリー 4100mAh 2800mAh 
寸法(mm) 249.5×177.8×6.8 325x237x7.5 249x177x8.2
重量 325g 550g 360g
端子 USB C microUSB USB C
その他  Wi-Fi, BT4.1

 大型で550gのBOOX Max 2も優秀ですが、電池容量はそのままにより軽く持ち運びしやすいサイズとなったBOOX Noteは魅力的です。BOOX Note Sは実行メモリが少なすぎるのでおすすめできません。

価格

 海外価格は3500人民元(約6万円)。国内価格は未発表。

発売日

 日本国内での発売日は5月上旬予定。販路はAmazonおよびSKTNETSHOPにて。

2018年5月10日追記:Onyxが既に日本に直接販売を開始しているようです。