TCL製黒苺使いに朗報!最適化された「AquaMozc for BlackBerry」が登場

aquamozc

 Google Playストアにて、「AquaMozc for BlackBerry」の販売が開始されました。

 これはGoogle日本語入力アプリのオープンソース版「Mozc」を、有志の開発者Aquamarine Networksが改造したバージョン。TCL製のBlackBerry KEYone / Key2 / Priv向けに最適化されています。

 Android版のBlackBerry標準の日本語入力IMEは出来が悪く、利用に苦痛を伴います。多くのユーザーがGoogle IMEやATOKへの入れ替えを行った上で使っています。

 BlackBerry KEYoneでGoogle IMEやATOKを快適に使うための補助アプリとして「Layout for Keyone」が存在しますが、ソフトウェアの穴を突いた実装となっているためか定期的にアプリが落ちてしまいます。しかもAndroid 8.0 Oreoではまともに動かないようですね。

 筆者もBlackBerry KEYoneを愛用しており、Key2も検討していたのですが、Layout for KEYoneが使えないのであれば自分の中ではTCL製BlackBerryの価値はほとんど無くなるので、Key2は買わないことを決めていました。このため最近GeminiPDAを買って使っています。

planet-geminipda-tcl-blackberry-keyone

 しかし今回、補助アプリではなく、IMEそのものを改造してTCL製BlackBerryに最適化されたアプリが登場したことで、状況は一変しました。これならBlackBerry Key2も買ってしまうかも……。(私自身小型モバイルの物理QWERTY入力は親指派・前面派なので)

 価格は1620円。8月21日まで記念セールを実施とのこと。記事執筆時点では1620円のままなので、セール開始はUTC準拠での8月14日かもしれません。ちょっと待って購入しましょう。