6000mAh電池搭載の頑丈な防水BlackBerry Passport!?ド変態端末「Unihertz Titan」登場か すまほん!!

 Unihertzのスマートフォン「Titan」を、海外のBlackBerry情報サイト「CrackBerry」が伝えました。

 Unihertz Titanは、スクエア液晶と最小配列のQWERTYキーボードを搭載した、BlackBerry Passport風の端末です。

Sponsored Links

(参考:BlackBerry Passport)

 Unihertz Titanのスペックは、4.5インチIPS液晶(解像度 1440×1440)、6000mAh電池。ワイヤレス充電、デュアルSIM、LTE、NFC、指紋認証センサーを搭載しています。Android OSを採用するものの、プロセッサや実行メモリは不明。

 物理QWERTYキーボード搭載というだけでも珍しいですが、なんとIP67防水防塵や耐衝撃に対応。マジか……。物理キー搭載機の中でも希少です。

 予定されている価格は$199と破格。BlackBerry Key2 LEと比べてもかなり安いですね。Kickstarterで出資受付開始がいつになるかは不明。

 私普段愛用しているBlackBerry Key2に対して、Unihertz Titanに優位性があるな、と思った点は以下の通り。

Sponsored Links
  • 6000mAh電池
  • ワイヤレス充電
  • 防水防塵
  • 耐衝撃
  • ナビゲーションキーが物理
  • 価格が安い

 かなり変態。正直、そそる。

 一方で不安な点は以下の通り。

  • キーボードが素っ気なさすぎ
  • まだCPUなどの詳細スペックが不明

 ナビゲーションキーが物理式なのは素晴らしい点ですが、しかしキーボードが変態すぎるのがネックかもしれません。各キーの記号印字もなし。ShiftキーやAltキーもなし。(7月16日17時51分追記:ナビゲーションキーの上矢印キーがShift?)BlackBerry Key2で余剰キーをCtrlキーに割り当てることが出来ましたが、余剰がないのでこれも無理。かなり厳しい感じ。

 ただ、私はBlackBerry Passportはキーボード配列が割り切りすぎていて「これは無理」と当時買わなかったのですが、同じく当時スルーして、後に買っていたBlackBerry FanSiteのKuro氏が「とても優秀なスーパーサブ」と評価を改めていたのを思い出しました。

Sponsored Links

 BlackBerry Passportの時はOSもBB OS10でモッサリだったのに対して、こちらはAndroidですから、まだどうにかする余地がありそうですし、今はまだ否定するのは早いかなとも思ったり。

国内版 BlackBerry 国際版 BlackBerry
BlackBerryをオンラインで買う。