京セラ、シニアスマホなのに縦長OLED・MediaTek・Android 10!尖った「BASIO 4」登場 すまほん!!

 京セラは、au向けに「BASIO4 KYV47」を発表しました。発売日は2020年2月以降。

 シニア向けスマホながらも、SoCにMediaTek Helio A22 MT6761を搭載する変わり種です。実行メモリは3GB、ストレージは32GB、電池容量は3300mAh、筐体は防水防塵。

 生活リズムに合わせて最適な情報を通知する「パーソナル・スクリーン for BASIO」を搭載。右側面のボタンを押すだけで特定機能を起動可能。radikoとFMラジオを適宜切り替えられる「radiko+FMアプリ」を搭載。ラジオを視聴できない場合にはモバイル回線でインターネットラジオを聴けるというわけ。

 使いやすさに配慮したUIや、電話・メールの専用ボタンを搭載、卓上ホルダも付属するなど、シニアスマホらしい機種なのですが、侮るなかれ、OSはAndroid 10で、身の回りの物を簡単に調べられるGoogleレンズに対応します。Playストアも利用可能。画面は縦長5.6インチHD有機EL。端子はUSB Type-C。

Sponsored Links

 スマホの「使い方練習」や、動画で操作方法を学習できる「自宅 de スマホ教室」、各種サポート機能にも簡単アクセスできる「使い方ナビ」を搭載。

 シニア向けながらもMediaTek Helio、縦長有機EL、Playストア搭載など、なかなか面白い機種となっています。

 ガチガチに制限して、後から拡張もできないような端末をシニアに売って「あれができない、これができない」となるよりかは、スマホとしての拡張手段も用意しつつ、使い勝手の学習やサポートを強化した、このようなモデルのほうが、結果的にユーザーは幸せになれそうだなぁ、と感じますね。

auオンラインショップ
スマホで予約、自宅に届く。au公式オンラインショップ(解説