インド向け廉価スマホ POCO M2発表 1万5600円から! すまほん!!

 中国メーカーXiaomiは、サブブランドPocoから、最新ミッドレンジスマホPoco M2を正式発表しました。Poco M2はインド向けの端末。

 搭載SoCはMediaTek製のHelio G80。AnTuTuスコア20万点ほどのチップです。ディスプレイは6.53インチの液晶(フルHD+)。画面上部には水滴型のノッチがあります。

 背面カメラは1300万画素のメイン+800万画素の超広角+500万画素のマクロカメラ+深度センサーとなっています。

 バッテリーは5000mAh。タイプCポートを搭載し、急速充電は最大18W。その他、端末下部には3.5mmイヤホンジャックも備えています。

 その他スペックは以下の通り。

Sponsored Link
OS Android 10, MIUI 12
CPU Media Tek Helio G80
メモリ 6GB
容量 64/128GB
画面 6.53型 (2340×1080)
カメラ 1300万画素+800万画素+500万画素+深度センサー
インカメラ 800万画素
電池 5020mAh
寸法 163.3 x 77 x 9.1 mm, 198g
その他 18W急速充電、イヤホンジャック搭載,指紋認証センサー搭載

 価格は以下の通り。

  • POCO M2(メモリ6GB、ストレージ64GBモデル):1万999インドルピー(日本円で約1万5600円)
  • POCO M2(メモリ6GB、ストレージ128GBモデル):1万500インドルピー(日本円で約2万1300円)

 POCO M2のベースモデルは以前発表されたRedmi 9。ストレージなど一部スペックが強化されており、実行メモリには、比較的高速な読み書きができるLPDDR4Xが用いられています。ミッドレンジクラスのスマホを2万円以下で購入できるのは驚きです。Xiaomiは基本的なパーツを使いまわすことで製造コストを抑えているようですね。他のどのメーカーも真似できないようなコスパの良さです。

中華ガジェット個人輸入の定番サイト
ETOREN(解説) Banggood(解説) GearBest(解説)
Geekbuying TOMTOP