ファーウェイ「nova 8 SE」正式発表!66W急速充電に対応する5G対応ミッドレンジ すまほん!!

 中国HUAWEIは5G対応スマホHuawei nova 8 SEを発表しました。

 Huawei nova 8 SE(通常モデル)はSoCにMediaTek製Dimensity 720を搭載するミッドレンジスマホ。本体価格は2599元(日本円で約4万600円)と低価格ですが、トリプルカメラを備え、66Wの急速充電にも対応しています。同価格帯のスマホでは、66W程度の急速充電に対応したものは非常に少なく、充電速度も本機の売りになりそうです。

 ディスプレイは6.53インチの有機ELで画面上部には水滴型のノッチがあります。画面内指紋認証対応。

 その他、バッテリー容量は3800mAh。前述した66Wの急速充電でバッテリー0%から100%まで35分で充電できるということです。

 同日、SoCにDimensity 800Uを搭載する上位モデルも発表されています。両機種とも実行メモリは8GB、ストレージは128GBモデルのみ展開。11月中に発売となる見通し。上位モデルの価格は2699元、日本円で約4万2000円。両機種ともにGMSは非搭載。

 Huawei nova 8 SE(通常モデル)のスペックは以下の通り。

OS Android 10, EMUI 10.1
CPU Dimensity 720
メモリ 8GB
容量 128GB
画面 6.53型 (1080×2400)
カメラ 6400万画素+800万画素(超広角)+200万画素(マクロ)+深度センサー
インカメラ 1600万画素
電池 3800mAh
寸法 161.1 x 74.8 x 7.5 mm , 178g
その他 急速充電最大66W、イヤホンジャック搭載
中華ガジェット個人輸入の定番サイト
ETOREN(解説) AliExpress Global Geekbuying(解説)

こんな記事も読まれています

ファーウェイ、5G非対応 スナドラ搭載「HUAWEI nova 8i」発表

禁輸ファーウェイ新機種「Nova 9」、独立したはずの「Honor 50」に酷似……

OPPO Reno5/Pro 5G発表!65W充電対応ミッドハイスマホ

「HTC Desire 21 pro」正式発表!Snapdraogn 690搭載・5G対応

realme GT 正式発表!SDM888、タッチサンプリングレート360Hz

ファーウェイOEMかも?中国キャリアの独自端末「NZONE S7 Pro+」発表。