モバイルSuicaが進化!異種OS間双方向移行や端末変更手続き簡素化も すまほん!!

 JR東日本は、3月21日以降、モバイルSuicaをリニューアルすると発表しました。

 特に注目すべきは複数枚のSuica発行や、異なるOS間の移動です。AndroidからiPhoneへの移行だけではなく、新たにiPhone(Apple PayのSuica)からAndroidへの移行にも対応します。

 なお、Android端末ではフェリカネットワークス株式会社が提供する「おサイフケータイアプリ」との連携が必要になるとのこと。連携により、モバイルSuicaとモバイルPASMOを同端末内で使い分けが可能となるほか、モバイルSuicaを設定した端末の変更も「おサイフケータイアプリ」で簡単に行えるとのこと。

 Android/iOS共に、定期券購入時の経路表示の改善やタッチでGO!新幹線の利用開始登録も可能に。

 今回のリニューアルの準備のため、3月20日午前11時頃から3月21日午前7時頃までサービスを一時停止予定。再開後はアプリ更新や「おサイフケータイアプリ」インストールが必要になるとしています。