折りたたみiPhone発売は、2024年以降?韓国業界紙分析 すまほん!!

 韓国メディア「The Elec」は、Appleは折りたたみiPhoneの発売を検討する初期段階に過ぎず、まだ決定していないだろうと報じました。

(折りたたみiPhoneをイメージした非公式レンダリング 出典:iOS Beta News

 一部メディアは既に2023年発売と報じていますが、Appleは通常、製品発売の2~3年前には提携会社との共同開発を開始しているはずで、2021年後半までに計画を立てる必要があるといいます。

 AppleのOLED供給会社であるSamsung DisplayとLG Displayは、2023年に折りたたみ式iPhoneを発売するためには、2022年初頭に大規模な投資を開始する必要があり、仮に今年の終わりまでに折り畳みiPhoneのサプライチェーンを確立しても、商用ローンチは2024年頃になるだろうとのこと。

 また、Samsungが2020年に販売した折り畳み式スマートフォンは250万台であり、500万台を出荷という目標を達成できなかったとしており、AppleはSamsungの動向を注視して市場動向を見極めている可能性があるといいます。他社が荒削りな先進的な製品を出して、それを洗練した製品を後出しして美味しいところだけ持って行きたがるのは、いつものApple的ですね。

 The Elecは韓国サプライチェーン筋に精通したメディアであり、一定の信憑性はあります。少なくとも2023年までの発売の可能性は低そうですね。

こんな記事も読まれています

噂:iPhone 12の全スペック。Proは120Hz対応も不完全?5.4型ハイエンドコンパクトが最安

新型2020年iPhoneは「5.4インチ」「6.1インチ」「6.7インチ」の3種類、供給はサムスンとLGの2社のみか

Appleの「折り畳みiPhone」技術開発に、ちらつく「元ソニーモバイル日本人エンジニア」の影。

Appleが「折り畳み式 iPhone」の試作機を開発中。ブルームバーグ報道