FFALCON「雷鳥FF1」発表。TCLサブブランドのAndroidスマホ すまほん!!

 FFALCONはミッドレンジスマホ「Thunderbird FF1(雷鸟FF1)」を中国向けに発表しました。FFALCONは中国TCLのサブブランドで主にテレビやオーディオ製品を扱っており、Thunderbird FF1は同ブランド初のスマホとなります。

 Thunderbird FF1はSoCにSnapdragon 690を搭載。Snapdragon 690は2.0GHzのKryo 560×2とCortex-A55×6という構成で、国内ではXperia 10 IIIやAquos Sense5Gなどに採用されています。メモリは8GB、ストレージは128/256GBと比較的多めになっています。

 ディスプレイは6.67インチで画面占有率は94%、リフレッシュレートは120Hz。カメラは6400万画素メイン+800万画素超広角+200万画素マクロといった構成で、インカメラは1600万画素となっています。

 側面に指紋認証を備えており、バッテリーは4300mAhで66Wの急速充電に対応、17分で60%、40分にて満充電が可能と謳っています。

 本体色はグリーンとグレーの二色で、価格は2499元(日本円で4万2000円)となっており、プレセールは9月6日、販売開始は9月10日を予定しています。

メモリ 8GB
容量 128/256GB
画面 6.7型 リフレッシュレート120Hz
カメラ 6400万画素+800万画素超広角+200万画素マクロ
インカメラ 1600万画素
電池 4300mAh,66W
本体色 グレー、グリーン
その他 側面指紋認証
海外スマホ個人輸入の定番
etoren
ETOREN イートレン
使い方