iPhone 13の画面が非正規修理可能に。Appleの妥協策? すまほん!!

 

 iPhone 13の画面を非正規の修理店で交換するとFace IDが動作不能になるということがリリース以来知られていましたが、Appleがソフトウェアアップデートで修正予定であるとThe Vergeが伝えています。

 iPhone 13は画面交換の際にディスプレイに搭載されているマイクロコントローラと本体のシリアル番号を紐づけしなければFace IDが機能しなくなる仕様になっており、Apple正規のサービス店にのみこの移行に必要なソフトウェアツールが与えられていました。

 非正規の修理業者が修理する方法もありますが、それは元のディスプレイのマイクロコントローラを物理的に新しい画面に移植するというものであり、iFixitによると「修理技術に加えて数千ドルの機器と膨大な練習を必要とする」もので非正規の修理業者には困難なものとなっていました。

 画面の交換はこういったサードパーティーの修理業者にとって主な収入源であり、この非正規修理を実質的に禁止する仕様によって苦境を強いられてきましたが、AppleがThe Vergeに伝えた内容によるとマイクロコントローラを移植しなくてもFace IDが新しいディスプレイでも動作するよう修正するソフトウェアアップデートをリリースするとのことです。具体的なリリース時期に関しては発表していません。

こんな記事も読まれています

5G対応の「iPhone SE Plus」が登場する?

携帯4社、iPhone 12/mini紫の予約受付を開始

噂:これマジ?iPhone SE 3はiPhone XRベースで「側面指紋認証」搭載か!?

超当たる専門家「iPhone 13は画面内に指紋認証」「狭額縁な『iPhone SE3』は電源ボタンに指紋認証を搭載」