「Galaxy Book2 Pro」シリーズ正式発表!第12世代Intel Coreシリーズ搭載 すまほん!!

 Samsungは、2022年2月27日に、同社の新ラップトップ「Galaxy Book2」シリーズを正式発表しました。

 「Galaxy Book2」シリーズには、「Galaxy Book2 Pro」「Galaxy Book2 Pro 360」と、エンタープライス向けの「Galaxy Book2 Business」の3モデルを用意。

 「Galaxy Book2 Pro」は、解像度FHD(1920×1080)のAMOLEDディスプレイを搭載。画面サイズ13.3型と15.6型の2つがあり、狭額縁デザインとなっています。また、「Galaxy Book2 Pro 360」は、13.3型のSuperAMOLEDディスプレイ。こちらは、画面が360回転し、S Penを利用した書き込みやタッチ操作にも対応しています。

 CPUには、最新の第12世代Intel Core i7またはi5を搭載。CPUの正式なプロセッサー・ナンバーは発表されていません。また、「Galaxy Book2 Pro」15.6型モデルでは、オプションとしてIntelの単体GPU「Arc Graphics」を選択可能となっています。

 本体の構成は、実行メモリは8GB・16GB・32GBから選択可能で、SSD容量は最大1TBとなっています。外部接続ポートは、USB Type-Cポート、Thunderbolt 4.0ポート、USB Type-Aポート、HDMIポートと、SDカードスロット、および3.5mmヘッドホンジャックを備えます。最近では、薄さとデザイン性を重視するあまり、外部端子がUSB Type-Cポートのみであるノートパソコンも多いのが現状。「Galaxy Book2 Pro」シリーズは、薄く、かつポートも充実しており、非常に利便性が高そうです。

 バッテリーは、どちらも13.3型モデルが63Wh、15.6型モデルは68Whとなっており、どちらも最大65Wの急速充電に対応。一回の充電で最大21時間利用できると、バッテリー性能もアピール。

 Samsung製デバイスとのエコシステムも進化。AppleがiPadとMac向けに提供している「Sidecar」機能のように、Samsung製タブレットをセカンドスクリーンとして利用できるようになりました。また、タブレットと「Galaxy Book2 Pro」間でドラッグ&ドロップでのファイル移動や、コピー・貼り付け、PC側のトラックパッドやキーボードでタブレットを操作することもできます。

 「Galaxy Book2 Pro」シリーズは、2022年3月18日より予約受付開始、4月1日より発売されます。価格は、「Galaxy Book2 Pro」の最小構成(Core i5・8GB・256GB)が1049.99ドル(約12万円)、「Galaxy Book2 Pro 360」の同じく最小構成が1249.99ドル(約14万4000円)からとなっています。

 スペックは以下の通り。

  Galaxy Book2 Pro Galaxy Book2 Pro 360
OS Windows 11
CPU Intel 12th Gen Core i5(プロセッサー・ナンバー不明)
Intel 12th Gen Core i7(プロセッサー・ナンバー不明)
GPU Iris Xe(内蔵GPU)
Intel Arc(15.6型用オプション)
Iris Xe(内蔵GPU)

メモリ 8/16/32GB LPDDR5
容量 最大1TB NVMe
画面 13.3型 (1920×1080) AMOLED
15.6型 (1920×1080) AMOLED
13.3型 (1920×1080) Super AMOLED
15.6型 (1920×1080) Super AMOLED
電池 13.3型:63Wh
15.6型:68Wh
寸法 13.3型:104.4 × 199.8 × 11.2 mm, 0.87kg
15.6型:355.4 × 225.8 × 11.7 mm,1.11kg
(Arc GPU):355.4 × 225.8 × 13.2 mm, 1.17kg
13.3型:302.5 × 202 × 11.5 mm, 1.04kg
15.6型:354.85 × 227.97 ×11.9 mm, 1.41kg