価格破壊も極限!ドコモ回線290円から、データチャージ料200円、HISモバイルが「No.1価格宣言」 すまほん!!

 旅行代理店HISと格安SIM老舗日本通信のMVNO「HIS Mobile」は、新料金プランを発表しました。2022年6月上旬提供以降予定。原価が下がってきたこのタイミングで新料金プランを投入。

 HISモバイル利用者動向として、ユーザーの大半が価格を重視していることも踏まえて料金を設計。

HIS Mobile調べ 利用者動向 格安SIM検討重視項目94%「価格」

 音声通話のみを求めるユーザーに激安プランが登場。データ通信100MBが付属して290円から。これはMVNO他社の中でも最安です。

 290円という金額にはこだわっている、ドコモ回線月額基本料としては最安になるだろうと自信を見せました。

 さらに5分以内かけ放題で790円。プレフィックスやアプリ不要で標準電話アプリで折り返しても適用。長年20円/30秒だった通話料金、昨年から11円になりましたが、HIS Mobileでは9円に。音声通話を求めるユーザーには破格の値段。auの3Gサービス終了などが報じられる今、注目したい内容となっています。

 データ通信は7GBで990円。

 データチャージ料1GB200円。ここも最安。

 多くのユーザーが7GB未満のためそれより多い場合にはデータチャージを利用する形となっています。ライトユーザー向けにはかなり検討候補となりそうなプランとなっています。「No.1価格宣言」も伊達ではありません。

 春の新規加入キャンペーンとして、初回事務手数料を50%オフに。もし事務手数料を0円にしてしまうと、月額料金が安すぎてビジネスとして成立しないため、あくまで半額とのこと。

 フランチャイズ方式で全国に携帯ショップ「HIS Mobileステーション」を展開。リサイクルや修理、端末買取、端末販売などを行います。 

 地代が安い空きテナントに展開していくといいます。目標店舗数は、全国47都道府県なので50店舗ぐらい。フランチャイズオーナーには開業資金約200万円を無料にするキャンペーンも実施。

 今後HISグループ間シナジーを盛り込んだ新しいサービス、価値創造にも軸を置いていきたいとのこと。