超ド級のスマホ容量拡張方法 ― 「microSDXC 64GB」を使おう

 動画や音楽をたくさん持ち歩くには、容量64GBの「microSDXCカード」がおすすめです。スマートフォンをとてつもない大容量に拡張できます。この赤とグレーのツートンカラーのカードです。

 

増える対応機種

 この64GBの「microSDXCカード」は、以前は端末側が対応していないことがほとんどでした。昨年モデルだとSHARPやSAMSUNGなどを除いて、対応できている機種は多くなかったです。

 ただ最近では対応機器も増え、2013年夏モデルではほぼ全てのAndroid端末で「microSDXC 64GB」に対応しています。(それでもSoftBank向けの京セラ、シンプルスマホなど一部に非対応機種もあるので注意して下さい)

 

非対応機種でも利用できる?

 また、非対応モデルの場合、推奨されませんが、PCで「DiskFormatter」をインストールし、カードをFAT32にフォーマットし直すことで読み込める場合があります。

 推奨されないというのは、原理的には「本来規格上存在しないはずの『FAT32で容量64GBのmicroSDHC』というものを作り出すことで、非対応のAndroid端末で読めてしまう」という荒技だからです。(microSDXC 64GBの本来のフォーマットはexFAT)この原理に関する詳しい解説はこちらの記事をどうぞ。基本的におすすめはしませんし、行うなら自己責任という形になります。

 また、一部非対応機種に挿すとデータが破損されることがあったようで、キャリアも破損しないようにするためのアップデートを行っています。海外版「XPERIA Z」は非対応で発売、後にmicroSDXC 64GBにアップデートで対応する形をとっていました。

 

 動画、音楽のヘビーユーザーにはおすすめ

 今、自分は最新のAndroid端末で快適に使えています。やはり大容量を買っておくと、後から足りなかったと後悔することはなくなります。

 昔はiPodやWalkman、gigabeatといったマルチメディアプレイヤーを別途持ち歩いていたものですが、スマートフォンの躍進により、御役御免となりました。個人的なターニングポイントはSAMSUNGの「GALAXY S SC-02B」ですね。あれ、エンコとかせずにPCの動画を適当に突っ込んでも9割以上再生できましたからね。怪物みたいなマシンでした。今となっては、国内で販売されている最新機種はみんなそんな感じのモンスタースペックですけどね。

 そんなわけで、スマートフォン=メディアプレイヤーともなりつつある現在、カードはよりよいものを。容量は64GB、せめて32GBの、転送速度はできればClass10の、大容量・高速なものを選びたいものです。

 

サンディスク SanDisk microSDXC UHS-I 64GB クラス10 SD変換アダプタ付 SDSDQUA-064G-U46A 並行輸入品 海外パッケージ品
SanDisk microSDXC UHS-I 64GB Class10
サムスン Samsung microSDHC 32GB PLUS 超高速48MB/s UHS-I Class10 並行輸入品
Samsung microSDHC 32GB 超高速48MB/s UHS-I Class10

この記事にコメントする

comments powered by Disqus