大事な愛機を盗難・紛失から守る「iPhoneを探す」機能とは?

find_hero

 AppleのiPhoneには、「iPhoneを探す」という機能が搭載されています。この機能を使うことで、iPhoneが紛失や盗難に遭った際、迅速に機体の現在地を確認することができます。

  なお、本機能はiPhoneだけでなく、iPadおよびiPod Touchでも利用可能ですので、愛用していらっしゃる方は、ぜひチェックしておきましょう。

Capture_2013_11_27_18_18_01_464

事前の設定

 この機能を利用するには、予め端末側から機能を有効にしておく必要があります。また、端末をiCloudで紐づける必要があります。iCloudは、Apple IDを用いてログインすることができます。

 設定→iCloud→「iPhoneを探す」をオンにしましょう。

Capture_2013_11_27_18_00_43_729

実際に探す方法

 端末を探す時は、PCからhttps://www.icloud.comにアクセスしましょう。Apple IDでログインし、iPhoneを探すをクリックしましょう。

Capture_2013_11_27_17_48_31_904Capture_2013_11_27_17_49_03_230

 ちなみに、もしiOS端末を複数お持ちであれば、iOSアプリで探すこともできますよ。

badge-AppStore-apple-app-store

 さて、ログインすると、端末の現在地がマップ上に表示されます。24時間以上端末がオフラインでない限り、このように位置情報を表示することができます。ただし、以下の機能は、24時間以上端末がオフラインでも利用できます。

icloud-search-iphone

  その場所に行って、近くにiPhoneがあれば、「サウンド再生」を押して大音量で鳴らしましょう。すぐに見つけることができます。また、もし善意の人に拾得されている場合であれば、「紛失モード」で連絡先の電話番号とメッセージを拾得者に伝えることができます。最悪の場合、「iPhoneの消去」からデータを消去し、プライバシーを保持することもできます。

Capture_2013_11_27_18_26_01_722Capture_2013_11_27_18_26_34_578

 端末側では、電話番号とメッセージが表示されるようになります。

Capture_2013_11_27_18_39_15_306

 最近でも、この機能を利用したと思われる女性が、窃盗犯から盗まれた愛機を取り戻した事件があったばかり。ぜひ知っておきたい機能です。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus