第三者の有名消費者団体、「iPhone 6 Plus」が「曲がる」問題を実験。確かに他機種よりは曲がりやすいとの結果に

iphone-6-plus-bendgate

 アメリカのConsumer Reportsは、Apple社の「iPhone 6 Plus」が曲がってしまう、ポケットの中で折れてしまったといった問題について、耐久試験を実施、その結果を公表しました。

 以下は耐久性の数値。比較対象はiPhone 5, LG G3, HTC One M8, SAMSUNG GALAXY Note 3です。確かにiPhone 5やG3が130lbs(130ポンド)、GALAXY Note 3は150lbsまで耐えられるのに、iPhone 6 Plusは90lbs、iPhone 6は70lbsまでしか耐えられないなど、やはり「他機種よりも曲がりやすい」「今までのiPhoneよりも曲がりやすい」のは事実のようです。意外にもHTC One M8も曲がりやすいみたいですね。同機は同じくアルミボディの機種です。

bendgate

 なお、これらの数値をわかりやすくする具体的な例として、「80lbsでは鉛筆4本が割れる」ことが挙げられています。鉛筆4本を割るほどの圧力がスマートフォンに掛かるシチュエーションは少ないのではと考えられています。

bendgate-80pounds

 Consumer Reportsは電子機器に限らず、自動車などあらゆる製品を独自の試験施設で比較調査しており、誌面にも一般企業からの広告を受け付けないなど、独立性を維持している有名な消費者団体のメディアです。なので一連のiPhoneが曲がる(Bendability, Bendgate)問題を考える上で、今回の耐久試験は重要な指標になるのではと思います。

Bendgateの最新情報

この記事にコメントする

comments powered by Disqus