何が劣化した?au夏モデル「isai vivid LGV32」をチェック

lgv32_isai-vivid-au

 auの夏モデルが発表されました。isaiシリーズの最新作「isai vivid(イサイビビッド) LGV32」も含まれています。

酷すぎたisaiシリーズ

 isaiシリーズは基本的にLGのグローバルモデルをベースにしたもの。初代isaiも、LG G2がベースでしたが、G2の光学手ブレ補正を削るなどコストダウンしたモデルでした。

DSC06315

 G3ベースのisai FL LGL24 / isai VL LGV31は、防水になった以外はまさに劣化版というべき様相で、以下の点においてG3に劣っています。

  • レーザーオートフォーカスを撤廃
  • 光学手ブレ補正OIS+を撤廃
  • デュアルLEDが単一に
  • ワイヤレス充電Qiを撤廃
  • 着脱式バッテリーが内蔵式に
  • 厚み、重量が大幅増加
  • インカメラが使いづらい画面下部に配置変更
  • インカメラの画素数が悪化(210万画素→130万画素)
  • 輝度センサー撤廃により、自動輝度調節不可に

 海外では大変高評価を得た、ベストなAndroidスマートフォンがLG G3ですが、それを台無しにするような機種でした。

isai vividはどうか?

lgv32_detail_09

 では今回のisai vividはどうでしょうか。本機はLG G4ベースで防水仕様になっています。

 LG G4の寸法は、高さ148.9mm、幅76.1mm、最薄部6.3~最厚部9.8mm、重量155g。

 対してisai vividの寸法は高さ150mm、幅76mm、厚み10.3mm、重量150g。厚みは増していますが、重量は軽くなっています。

 電池パックはG4同様、取り外し可能。一方でワイヤレス充電には非対応に。

 カメラは光学式手ブレ補正とレーザーAFを備えます。フラッシュはデュアルLED。

 isai FLではメモリ2GB / Snapdragon 801でWQHD解像度のディスプレイというやや難のある構成でしたが、今回はG4同様に3GB / Snapdragon 808なので、動作に支障はないでしょう。

 インカメラの配置はG4と同様、上部です。ただし画素数はG4の800万画素から210万画素に減らされています。

 やはりベースモデルよりも劣る部分はあるものの、これまでのisaiシリーズの酷さを考えると良くなりましたね。

 デザインも悪くはないとは思うのですが、G4のスリムアークデザインのバックカバーは、職人製造の天然皮革製カバーを選択できるなど、拘った仕様であったため、やはりもっとグローバルモデルに近いモデルであって欲しかったところではあります。

続報:初めて褒めるイサイ。LG isai vivid LGV32レビュー!

この記事にコメントする

comments powered by Disqus