感圧タッチ対応、5.5型FHD有機EL搭載「HUAWEI Mate S」正式発表。日本でも発売

 

huawei-mate-s

 中国Huaweiは、IFA2015にて、自社グループHiSilicon製造の最新64bitオクタコアプロセッサ「Kirin 935」を搭載したフラグシップスマートフォン「Huawei Mate S」を発表しました。

 狭いベゼルと2.5Dラウンドガラスを採用した前面デザインで、ディスプレイは5.5インチ、Full HD解像度の有機EL方式。128GBモデルは指圧レベルを検知できるForuce Touchに対応。Appleに先駆けて実装してしまったのはさすがですね。

huawei-touch-force

 虫眼鏡を呼び出すなど、アプリごとに機能が割り当てられています。

 背面は丸みを帯びたカーブ状。指紋認証センサーも備えます。

Huawei-Mate-S-Silver

 カメラは1300万画素。RGBWセンサー、光学式手ぶれ補正、デュアルLEDフラッシュも搭載。前面800万画素カメラにもフラッシュを備えたことでセルフィーの幅も広がります。背面の指紋認証センサーでセルフィーのシャッターを切ることも可能。スペックは以下のとおり。

CPU Hisilicon Kirin 935 オクタコア(2.2GHz+1.5GHz)
メモリ 3GB
ストレージ 32 / 64/ 128GB
ディスプレイ 5.5インチ FullHD 有機EL
カメラ 1300万画素
インカメラ  800万画素
 バッテリー 2700mAh
寸法  149.8×75.3×7.2mm, 156g
その他  指紋認証センサー

 Huawei Mate Sは日本を含む30ヵ国以上で販売予定。西欧では予約受付は9月15日に開始。日本での詳細は後ほどアナウンスがあるものと考えられます。

huawei-mates

 32GBモデルはチタングレイとミスティックシャンパンの2色。価格は649ユーロ。

 64GBモデルはプレステージゴールドとコーラルピンクの2色。価格は699ユーロ。

 128GBモデルはForce Touch対応となり、詳細は来月以降アナウンスとのこと。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus