ツイッター、140文字制限を緩和!制限いっぱいまでツイートできる

 Twitter社は、Twitterの1ツイートあたりの投稿文字数について制限を緩和することを明らかにしました。

b140_JAP_02

 従来の1ツイートあたりの文字数上限は140文字。ここにユーザー名や画像、投票などが加わると、それだけ文字数が消費されますので、書ける文章は少なくなります。

 新たな変更では、ユーザー名や画像、投票を文字数としてカウントしなくなります。このため、複数の画像を挿入しても、多数のユーザーにリプライを送るためにユーザー名をたくさん入れても、まだ文章を140文字書き込めるということになります。

 さらに、返信ツイート冒頭の「@ユーザー名」は非表示となるようです。

 これまでは「@ユーザー名」の返事をした場合、自分と返事先ユーザーの両方共をフォローしていないユーザーには表示されていませんでした。このため多くのユーザーのタイムラインに表示するためには「.@ユーザー名」という表記法にするという慣習がありました。

 しかし今後は返事先ユーザーをフォローしていなくともリプライが見れるようになるので「.@ユーザー名」にする必要がなくなります。ただし、inreply-to付きでの個別の返信先へのメンションについては従来通り自分と返信先を両者フォローしているユーザーにのみ閲覧できるようです。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus