W10M搭載6型FHDファブレット。新型マドスマ「Q601」、7月28日発売!

 株式会社マウスコンピューターは、SIMフリースマートフォン「MADOSMA Q601」を7月28日に発売するとアナウンスしました。価格は4万9800円(税込)。

0721-mouse01

 MADOSMAはWindows系のモバイルOSを搭載するマウスコンピューターのスマートフォンブランドであり、その最新モデルの登場となります。

 Q501は5インチHD液晶を搭載するなど、基本的に控えめなスペックでした。これに対し、Q601はSnapdragon 617、実行3GBメモリ、6インチ Full HD液晶、3900mAhバッテリーなど、スペックが大幅に向上。Continuumにも対応しています。

 OS Windows 10 Mobile
 SoC Snapdragon 617(MSM 8952)
RAM 3GB
内蔵フラッシュメモリ 32GB(microSD対応)
ディスプレイ 6インチ(1920 * 1080) JDI製LTPSパネル
バッテリー容量 3900mAh
カメラ 背面:1300万画素
前面:500万画素
Wi-Fi IEEE 802.11 ac /a/b/g/n
モバイルネットワーク 3G: WCDMA 1/6/8/19
FDD-LTE 1/2/3/4/7/8
TDD-LTE 38/40/41
SIM MicroSIM
NanoSIM(MicroSDと排他利用)
GPS  GPS / A-GPS / Glonass
サイズ  160 * 82,3 * 7.9, 176.5g
その他 USB 2.0 Type-C

 Wi-Fiは5GHz帯にも対応、LTEバンドも増加しているなど、通信面でも強化が見られます。筐体はアルミ素材、ディスプレイにはCorning Gorilla Glass 3採用など、筐体にもコストがかかっているのが見受けられます。

 販路は全国の家電量販店またはオンラインストアとなります。高スペックなW10M端末が欲しかった人にとっては新たな選択肢の一つとなりそうです。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus