ZTE、旭化成エレクトロニクス製オーディオチップ搭載・ドルビーアトモス対応の「AXON7」、 5.2型「AXON7 mini」を発表。発売日は10月21日

_DSP0187

 ZTE Japanは、新製品発表会を開催。SIMフリースマートフォン「AXON 7」(アクソンセブン)および「AXON 7 mini」(アクソンセブンミニ)を発表しました。

_DSP0760

 両機種ともに、BMWのグループ企業Designworksによってデザインされており、継ぎ目のない流麗なラウンドフォルムを施したアルミフルメタルボディの筐体です。

_DSP0080

 さらに急速充電Qualcomm Quick Chargeに対応。デュアルSIMスロットを備えます。

デュアルSIM

AXON 7

161006ZTE-AXON7&mini

 AXON 7はフラッグシップモデルで、5.5インチWQHD有機ELディスプレイ。光学式/電子式手ブレ補正・高速AFを備えた2000万画素カメラを搭載。

 音響面に特化。ハイレゾ音源に対応し、デュアルスピーカーを搭載、ホームシアターにも用いられるドルビーアトモスに対応します。Hi-Fiオーディオチップは旭化成エレクトロニクス社製のD/Aコンバーター「AK4490」、高音質録音用チップ「AK4961」をダブル搭載。

axon7

 

AXON 7 mini

161006ZTE-AXON7&mini

 「AXON 7 mini」は、AXON7の小型版。主な差異は、画面サイズ5.2型、カメラ画素数、Snapdragon 617、実行メモリ/ストレージ、オーディオ専用チップなど。こちらもDolby Atmosには対応しています。

axon7mini

 両機種ともに10月13日より先行予約受付開始、10月21日より発売です。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus