ノキアブランド初のAndroidスマホ「Nokia 6」正式発表。中国市場で発売

nokia6

 HMD Globalは、NokiaブランドのAndroidスマートフォン「Nokia 6」を正式発表しました。スペックは5.5インチHDディスプレイ、1600万画素カメラ、800万画素フロントカメラ、Snapdragon 430プロセッサ、実行4GBメモリ、64GBストレージ。

 NokiaはかつてSymbianやWindows Phoneのスマートフォンを多数リリースしていましたが、MicrosoftがNokiaのスマートフォン事業を買収、その後はMicrosoftも再び手放し、鴻海とHMD Globalの手に移っていました。HMD GlobalはNokia出身者らも参加している会社で、Nokiaとライセンスを締結し、Nokiaブランドの使用許諾を得ています。

 そして満を持して登場したのが本機「Nokia 6」というわけです。

front-and-back

 OSとしてはAndroid 7.0 Nougatを搭載。独自のスキンを載せています。筐体はアルミ合金。前面はラウンドディスプレイ。

 ただし、現時点ではあくまで中国市場においてのみ発売予定です。数億人のユーザーを抱える戦略的に重要な市場であるため、このような形になるとのこと。中国市場のパイの大きさとNokiaブランドへのイメージの良さゆえでしょう。

 販路はJD.comで、価格は1699人民元(約2万9千円)。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus