大容量4100mAh電池搭載「ZenFone 3 Max」に性能上位版5.5型FHDモデルが登場。

asus-zenfone

 ASUS Japanは、日本市場向けにAndroidスマートフォン「ZenFone 3 Max(ZC553KL)」を発表しました。本機は「ZenFone 3 Max(ZC520TL)」のスペックを上げたマイナーチェンジモデルとなります。

 ZenFone 3 Maxの最大の特徴は、4100mAhの大容量バッテリーにより長時間駆動・長時間連続待受を実現する点です。

 1月発売のZC520TLに対して、今回新たに登場するZC553KLの変更点は、画面サイズが5.2インチから5.5インチに、解像度がHDからFHDに、大型化高精細化。チップセットはMediaTekではなくSnapragon 430を採用します。

 ZenFone MAXシリーズらしく引き続きUSB OTGに対応しており、キーボードやUSBメモリーといった様々な機器を利用可能。OTGケーブルも同梱されます。このOTGケーブルで他機種へ電源供給するリザーブチャージにも対応します。

OS Android 6.0
CPU Snapdragon 430 1.4GHz オクタコア
メモリ 3GB
ストレージ 32GB
ディスプレイ 5.5インチFHD IPS
カメラ 1600万画素
インカメラ  800万画素
 バッテリー 5000mAh
寸法  151.4×76.2×8.3mm, 175g
その他   

 カラーバリエーションはピンク、ゴールド、グレー。発売日は4月15日。価格は税別2万7800円。

 単純な性能比較で言えば、よりハイスペックで、ストレージ容量にも余裕のあるZC553KLを選択すべきですが、価格1万9800円という安さで買えるZC520TLも依然として魅力ある選択肢です。