薄型軽量化を果たした「Moto Z2 Play」は、Moto Modsでゲーム機やスピーカーに変形する。

bLcjnyzb2SJYmTTJcdzqug-970-80

 Motorolaは、新モデル「Moto Z2 Play」を正式発表しました。前モデル「Moto Z Play」に比してより薄く、軽く、高速な処理能力になっています。

 筐体はわずか5.99mmの薄さ。重量は145g。SoCはQualcomm Snapdragon 626 オクタコアプロセッサー。ディスプレイは5.5インチフルHDスーパーAMOLED(有機EL)、バッテリーは3000mAh、カメラは1200万画素、インカメラは500万画素。指紋認証センサー、NFC、3.5mmイヤホンジャックを搭載。

 MotoModsをサポート。磁力で背面に装着できます。様々な拡張機能が提供されます。

dRnooK2LRpRfTckPnnZQc7-650-80

 新たにMoto GamePadも登場しており、接続して携帯ゲーム機のような形状になります。Moto GamePad側には1035mAhバッテリーを内蔵します。価格は79ドル。

moto-gamepad

 Moto Z2 Playをワイヤレスチャージ対応にするMoto Style Modsは39ドル。

motomod_wirelessstyle_1

 急速充電対応のバッテリーケース。79ドル。

motomod_turbopower_1

 JBL Sound Boost 2。背面がBluetoothスピーカーになります。10時間の連続再生に対応黒、赤、青の3色展開で価格は79.99ドル。

jbl-soundboost2

 ブラジル市場で本日発売。米国市場でも発売されます。価格は499ドルから。実行3GB+32GBストレージモデルに加え、実行4GB+64GBストレージモデルの計2種類が用意されます。

 素の状態では薄型スマートフォン、Moto Modsで変形というコンセプトは継承しつつ、さらに磨きをかけてきた印象。Moto Z PlayもMoto Zも日本市場に投入されているので、Moto Z2 Playにも期待できそうですね。

モトローラ スマートフォン Moto Z Play 32GB ホワイト国内正規代理店 AP3787AD1J4
モトローラ スマートフォン Moto Z Play 32GB ホワイト国内正規代理店 AP3787AD1J4