LG、防水防塵MILスペック対応+ハイファイQuad DAC搭載の大艦巨砲主義スマホ「LG V30」正式発表!

lg_v30

 韓国メーカーLG Electronicsは、IFA2017において、新型スマートフォン「LG V30」を正式発表しました。

 最近の各社のフラッグシップにおけるトレンドをキャッチしており、LG G6よりもさらに狭いベゼルを特徴とします。

nexus2cee_DSC07892_thumb

(画像出典:AndroidPolice

 6インチの18:9 OLED FullVisionディスプレイを搭載。重量は158g。LGは、V30は6インチ以上のファブレットの中で最も軽いと謳います。

 背面カメラは1300万画素(広角)+1600万画素(OIS搭載, F値1.6)のデュアルカメラ。F値が1.6というのはスマートフォン史上初。ということは、より多くの光を取り込みやすく、ボケ味も得られるということになります。

 V20のセカンダリーディスプレイはハードウェア的には継承されませんでしたが、V30のソフトウェアには、いつでも開閉できる半透明のフローティングバーが実装。V20のセカンダリーディスプレイ同様、アプリショートカットを備えており、画面上に常時表示可能。

lg-v30

 さらに「AOD(Always-on Display)」にも対応し、画面消灯時にもこうしたショートカットを表示させることができるようです。液晶だと原理上、部分点灯ができませんが、有機ELなのでドットごとの発光ができるので、消費電力も節約できます。

 音響面では、Bang & Olufsenの32bit Hi-FiクワッドDACを搭載。高解像度オーディオストリーミングを可能にするMaster Quality Authenticated(MQA)技術にも対応を謳っており、高品位なオーディオ体験を期待できそうです。B&O PLAYのイヤホンも同梱されます。

 性能はSnapdragon 835、実行4GB  LPDDR4xメモリ、電池容量3300mAh。ストレージは64GB UFS 2.0 ROM。ストレージ容量のみ128GBに強化したバージョンは、上位モデル「LG V30+」として販売予定。

 OSはAndroid 7.1.2 Nougat。Android Oreoへのアップデートも可能となる予定。GoogleのDaydreamプラットフォームにも対応。Daydreamが日本市場でも展開することが言及されており、LG V30またはその派生モデルが日本市場に投入される公算が高いものと見られます。

 筐体寸法は151.7 x 75.4 x 7.3mm。カラーバリエーションはAurora Black、Cloud Silver、Moroccan Blue、Lavender Violet。IP68の防水防塵に対応、さらにMIL-STD 810Gに準拠したタフネス仕様。顔認識、指紋センサー、ワイヤレス充電機能にも対応します。

lg_v30_colors

 MILスペック対応のスマートフォンというのは、どうしても低スペックなものや、野暮ったいものが多いのが実情です。ところがLG V30はトレンドのベゼルレスディスプレイやデュアルカメラを搭載、オーディオ面も強力で、さらにS835搭載によるVR対応なども果たしながらもMILスペックを実現しているのは特筆に値します。

 発売日は、韓国市場にて9月21日発売、その他のグローバル市場にも順次展開予定。日本市場への投入にも期待したいところです。