国内MVNOがEssential Phoneの取扱を開始

essentialphone

 IIJや楽天モバイルは、Androidスマートフォン「Essential Phone PH-1」の取扱い開始を表明しました。カラーリングはブラックムーン1色。

 Essential Phoneは、Androidの父Andy Rubin氏のEssential社のスマートフォン。Snapdragon 835を搭載し、Android OSの最新バージョン・セキュリティ更新をいち早い提供を受けられることから、開発機としても需要があります。

 IIJは9月11日に税別4万6000円で販売開始、楽天モバイルは9月15日より税別4万9800円順次販売開始としています。IIJmioでは10月3日まで発売記念キャンペーンを行うとしています。

 海外の認証制度では販売のどこかで網をかけるのが普通で、たかが未認証スマートフォンを開発者などが利用しても捕まることはありませんが、驚くべきことに日本ではリファレンス機「Google Pixelシリーズ」を使うことが形式的には違法となるため、技適取得済み・最新OS利用可・日本未発売のEssential Phoneを輸入する開発者が少なからずいました。今回の国内発売によって買いやすくなるのは嬉しいですね。

 なお、Essential社は身売りが噂されています。