クアルコム、スナドラ855正式発表。5G、3倍AI、7nm

Qualcomm-Snpadragon-855-Android

 Qualcommは、米ハワイで開催中のSnapdragon Technology Summitにおいて、Snapdragon 855を正式発表しました。

 ちょうど一年前、ここでQualcommはSnapdragon 845を正式発表しており、順当にハイエンドSoCを投入してきたことになります。噂ではSnapdragon 8150になるとされてきましたが、あくまで内部コードのようで、一般向けの製品名としてはSnapdragon 855で間違いないようです。

 X50 LTEモデムを内蔵し、次世代通信規格5Gに対応。理論値最大5Gbpsを実現します。

 第4世代マルチコアAIプロセッサを搭載。前世代と比べて、AI性能は3倍にも向上しているとします。写真や映像を認識するCV ISP(Computer Vision Image Signal Processor)を搭載し、ゲームやARの向上に寄与するとしています。

 プロセスルールは10nmから更に微細化し7nmに。効率向上、性能向上、バッテリー寿命延長といった効果が期待できます。

Sponsored Links

 ディスプレイ内蔵の超音波指紋センサーソリューション「3D Sonic Sensor」も同時発表。指紋の3Dマップを作成することで、指が濡れていたり汚れたりしていても認識可能となるとのこと。光学式画面内指紋認証よりも正確で安全であるとします。

 2019年より各社がSnapdragon 855を採用してきますが、中でもSamsungは2019年上半期にSnapdragon 855を搭載した5Gスマートフォンをリリースするとのことです。